コイ仔魚はコイヘルペスウイルス(KHV)に感受性がない

コイ仔魚はコイヘルペスウイルス(KHV)に感受性がない

タイトルコイ仔魚はコイヘルペスウイルス(KHV)に感受性がない
要約コイ稚魚は成魚と同様にKHV感染により死亡するが、仔魚は死亡しないことが示された。コイ仔魚が死亡しない理由として、仔魚は感染後、治癒したのではなく、感染を受けていなかったと考えられた。
担当機関独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所玉城庁舎 病害防除部 病原体制御研究グループ
区分(部会名)水産
専門病理
研究対象こい
分類研究
背景・ねらいコイは幼魚、若魚及び成魚期のいずれもKHVに対し感受性があり、サイズが小さいほど死亡率が高いことが知られているが、仔稚魚期の感受性については不明であった。そこで、コイ仔稚魚のKHVに対する感受性について調べた。

成果の内容・特徴由来の異なるコイ2群を用い、それぞれの仔稚魚期に感染試験を行った。その結果、仔魚期(日齢3日及び4日、平均全長7.5及び8.7mm)ではKHV病による死亡はなかったが、稚魚期(日齢13日及び18日、平均全長13.8及び29.2mm)になると69%および100%死亡し、1尾を除いたすべての死亡魚からKHVが検出された。そこで、仔魚期のコイがKHV病により死亡しない原因を推察するため、ふ化1日後のニシキゴイの仔魚をKHVに暴露し、その1ヶ月後にKHVの再攻撃試験を実施した。前回と同様、仔魚期にKHVに暴露されたニシキゴイはKHV病による死亡が生じなかったが、稚魚期における再感染試験によりすべての個体がKHV病により死亡した。このことから、仔魚期にKHVに暴露されたコイ仔魚は感染後、治癒したのではなく、感染を受けていなかったと考えられた。これらの実験結果から、コイ仔魚はKHVに対する感受性を持たず、成長にともなってKHVに対する感受性が生じると推察された。

成果の活用面・留意点・KHV病は、養殖場のみならず天然水域での被害も大きく、KHVが垂直感染すると、資源回復の遅れが懸念される。一方、KHVは自然環境水中では数日で不活化されることが知られており(Shimizu et al., 2006)、自然水域ではコイは受精後ふ化までに1週間程度要する事と、コイ仔魚がKHVに対し感受性を示さない今回の結果とを考え合わせると、もし感染耐過した親魚がウイルスを排出したとしても、仔魚が感染を受ける危険性が低いことが推察される。
・コイ仔魚期にはKHVに対するレセプターが無いと推察されたことから、本結果は今後KHVと宿主との研究に活用出来る。


具体的データ
図表 <a href="/media/chart/0000617816/0000062810" class="icon_pdf">PDFファイル</a>
予算区分先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間2004~2006
研究担当者伊東尚史、西岡豊弘
発表論文Fish Pathology, 42, 107-109 (2007)
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat