沖ノ鳥島周辺海域における大水深中層浮魚礁の設置と効果

沖ノ鳥島周辺海域における大水深中層浮魚礁の設置と効果

タイトル沖ノ鳥島周辺海域における大水深中層浮魚礁の設置と効果
担当機関(独)水産総合センター
東京都小笠原水産センター
東京都水産課 振興企画室
東京都島しょ農林水産総合センター
区分(部会名)水産
専門水産土木
研究対象魚類
分類行政
背景・ねらい
沖ノ鳥島周辺に浮魚礁を設置することにより回遊魚類を蝟集させ、効率的な操業を可能にする。

成果の内容・特徴・2005年度、急深な地形を有する沖ノ鳥島周辺において水研センター「俊鷹丸」(887t)による海底地形調査を行い、設置可能地点として水深3000m以浅の0.5海里四方の領域で水深変化が80m以下の海域を探索し、3地点を選定した。
・沖ノ鳥島周辺海域の流向流速について、現場観測と海洋数値模型(CHOPE)による追算を行い、表層の流速は通常20-30cm/sec、最大40-60cm/secに達することを明らかにした。
・2007年1月中旬に選定した3地点に各1基の浮魚礁を設置した。設置水深は1700-2813m、礁体上部の水深は約50mである(図1)。礁形は浮体部を1つ持つタイプと2つ持つタイプとし、前者を2基、後者を1基設置した(図2)。
・設置3ヶ月後、5ヶ月後に小笠原水産センター「興洋」(87t)による効果調査を行った。3ヶ月後の4月中旬には曳縄調査により、礁付近でカツオ・キメジを平均34.7尾/hr漁獲した。
・5ヶ月後の6月中旬には礁体上方に強い魚探反応があり、曳き縄によるカツオ・キメジ・メバチ等の漁獲数は平均39.6尾/hrであった。また、たて縄を5時間操業し、水深100-200mでキハダ9尾、167kg(内蔵除く)を漁獲した。

成果の活用面・留意点
・沖ノ鳥島周辺海域での効率的な漁業操業を可能にするだけでなく、類似の条件を有する海域における漁場造成を可能とする。
・カツオ・キメジは礁上の比較的狭い範囲に蝟集するため、礁体の発見がポイントになるが、ソナーを有しない漁船では、礁体の発見に手間取る場合がある。


具体的データ
図1
図2
図3
表1
予算区分都単、国補
研究期間2005~2007
研究担当者奥野 章(中央水研)、加来順也(東京都)、建田夕帆、渡邊朝生、米山純夫
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat