東京湾におけるノリの色落ち発生要因

東京湾におけるノリの色落ち発生要因

タイトル東京湾におけるノリの色落ち発生要因
担当機関千葉県水産総合研究センター 東京湾漁業研究所 漁場環境研究室
区分(部会名)水産
専門漁場環境
研究対象海洋変動
分類研究
背景・ねらい
近年,東京湾で珪藻赤潮によるノリの色落ち被害が目立ってきている(図1)。この原因を究明するため,ノリ漁場における海水の栄養塩類濃度の変動および珪藻赤潮の発生状況について調査をおこなうとともに,色落ち被害をもたらす珪藻赤潮頻発化の要因と栄養塩不足の背景について考察した。

成果の内容・特徴1.東京湾におけるノリの色落ちは,ノリ漁場における海水中のDIP(溶存無機態リン)が少ないときに発生している(図2,3)。このことは,有明海産等の色落ちのりが,DIN(溶存無機態窒素)が少ないときに発生することと異なった。
2.総量規制により,東京湾ではリンの負荷量が大きく減少しており,ノリの生育に対してはリン不足に陥りやすい水質環境になっている(図4)。
3.ノリ漁期の秋から冬にかけては,降雨量が少なく,陸域から海水へのリンの供給が少ない。ノリ漁場に影響する表層水へのリンの供給は,主に底泥からの溶出と海水の鉛直混合に依存している(図5)。
4.海水の底層から表層に供給されるリンは,ノリ漁期の後半には低下することが多い。近年,この時期において珪藻赤潮が発生することが多い。珪藻赤潮の発生後は,海水中のリン濃度が著しく低下し,このような環境下では色落ちノリの生産されることが多い。
5.近年,冬季の水温上昇及び透明度の上昇により珪藻赤潮の発生時期が早期化し,ノリ生産時期に頻発している(図6)。
 以上の結果から,近年,東京湾の海水のリンの濃度が低下していることに加え,リンを消費する珪藻赤潮が発生することにより,リン不足により色落ちノリが発生することが判明した。

成果の活用面・留意点
養殖管理手法検討のための資料となる。


具体的データ
図表 <a href="/media/chart/0000617869/0000062897" class="icon_pdf">PDFファイル</a>
予算区分県単
研究期間1999~2005
研究担当者石井光廣
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat