日向灘におけるカタクチイワシの資源生態と漁況予測

日向灘におけるカタクチイワシの資源生態と漁況予測

タイトル日向灘におけるカタクチイワシの資源生態と漁況予測
担当機関宮崎県水産試験場 資源部
区分(部会名)水産
専門資源評価
研究対象いわし
分類研究
背景・ねらい
 日向灘の主要浮魚類であるカタクチイワシについて、長期漁況予測・漁場予測の技術を確立のために、漁獲特性及び生物特性から資源生態の解明を行った。

成果の内容・特徴1)日向灘のカタクチイワシは1996年以降漁獲量が増加傾向にあり、特に1999~2000年、2002~2004年(以下「豊漁年」)の漁獲量は極端に多い(図1)。
2)体長別漁獲尾数は、太平洋の資源が低水準であった1980年代以前には10cmにモードがみられたが、資源が増加に転じた1990年以降は大型群の割合が高まり、特に豊漁年ではその割合が非常に高い(図2)。
3)また、1990年以降の通常の年は夏季が盛漁期であるのに対し、豊漁年は大型群が2~5月の冬春季に多獲される特性がある(図3)。このことから、冬春期に大型群が大量に出現することが日向灘における豊漁の原因であると考えられる。
4)豊漁年の3~5月に多獲される大型群は成熟しており(図4)、豊漁年は日向灘における産卵量も非常に多い(図5)。
5)日向灘における漁獲特性と豊後水道、薩南の漁獲特性から大型群が近隣海域から大量に来遊するとは考えにくく、また、日向灘におけるカタクチイワシシラス等の漁獲特性から、日向灘のシラスが大型群に成長するとも考えられない。
6)日向灘における豊漁年の盛漁期は、北海道から熊野灘を南下回遊するといわれる大型群の各海域における盛漁期の変遷に対応している(図6)。また、太平洋を南下回遊する大型魚は主漁場となる房総・常磐では未成熟であり、南下した相模湾~熊野灘で成熟・産卵すると考えられているが、4)からさらに南の日向灘へも南下し産卵していると考えられる。
7)このことから、日向灘におけるカタクチイワシの漁況は、太平洋を南下回遊する大型群資源の影響を受けていると推定され、常磐・房総を中心に多獲される大型魚が日向灘まで大量に来遊することが豊漁の原因であると推定される(図7)。これにより、熊野灘以東の漁況経過等を基に、日向灘に大型群が大量に来遊し豊漁になるかどうかを予測することが可能であると考えられる。

成果の活用面・留意点
 大型群の回遊は太平洋系群が高水準期であるときにみられる傾向であり、再び資源が低水準期になる場合にも考慮し、沿岸域に分布するカタクチイワシの資源についても資源構造等を解明する必要がある。


具体的データ
図表 <a href="/media/chart/0000617870/0000062898" class="icon_pdf">PDFファイル</a>
研究期間2004~2006
研究担当者福田博文、岡田俊明、杉田浩
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat