宮古湾におけるクロソイ栽培漁業の効果向

宮古湾におけるクロソイ栽培漁業の効果向

タイトル宮古湾におけるクロソイ栽培漁業の効果向
担当機関独立行政法人水産総合研究センター宮古栽培漁業センター
区分(部会名)水産
専門増養殖技術造
研究対象他の底魚
分類調査
背景・ねらい
 宮古栽培漁業センターでは,定着種のモデルとしてクロソイを選定し,その放流効果を明らかにするため,岩手県宮古湾に約10cmの種苗を放流した。また,水揚げされたクロソイについて,市場開催の全日,水揚げ個体の全数調査を実施し,得られたデータから天然魚の水揚げ動向を含め,放流の効果について検討した。
成果の内容・特徴92~98年度に宮古魚市場へ水揚げされたクロソイは概ね年間1トン前後であった。しかし,99年度以降10cmサイズの種苗を1.2~3.3万尾放流した結果,本種の水揚げ量は2年後の01年度に2.5トンを超え,7年後の06年度には4.2トンまで増加した。一方,放流魚の水揚げ量は放流開始直後から増加傾向を示し,04年度に1トンを超え,その後,1.1~1.4トンで安定した。また,放流魚の平均回収率(範囲)は18%(14~23%)となり常に高い値を示した。以上のように宮古湾で行ったクロソイの種苗放流はその効果が顕著で,放流魚を含めた本種の資源量を明らかに増加させた(図1)。また,本種の費用対効果が1となる回収率は10cmサイズで約18%であることから,収支面でも十分対応できることを実証した。市場調査から得られた小型魚(全長20cm未満)の水揚げデータを整理した。その結果,宮古魚市場に水揚げされるクロソイの総水揚げ量に占める小型魚の割合は,放流魚が大量に水揚げされるようになった01年にはそれまでの2%から8%にまで急増した。しかし,翌年以降,漁業者自らが小型魚の再放流等に取り組んだ結果,06年度には約2%とピーク時の1/4まで減少した(図2)。一方,大型魚(全長40cm以上)の水揚げ状況を整理した結果,99年度には104尾だったものが06年度には281尾と放流前の約3倍にまで増加した。この傾向は天然魚,放流魚ともに見られ,漁業者が実施した小型魚の再放流が影響していると推察された(図3)。
成果の活用面・留意点
・クロソイの種苗放流によって,明確な資源の増加が確認された。
・種苗放流や市場調査を行う上での基礎資料,および増加した資源の効率的かつ持続的に利用するための知見として本データは有用である。

具体的データ
図表 <a href="/media/chart/0000617917/0000062955" class="icon_pdf">PDFファイル</a>
予算区分一般研究
研究期間2006~2010
研究担当者野田 勉
発表論文T.Noda,M,Nakagawa,H,Okouchi.Effectiveness of stock enhancement of black rockfish Sebastes schlegeli and proposal of resource management.The 18th Japan, China, and Korea Fisheries Scientist Conference.2007.
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat