高品質六条皮麦品種「シュンライ」

高品質六条皮麦品種「シュンライ」

タイトル高品質六条皮麦品種「シュンライ」
要約早生の高品質六条皮麦品種として「シュンライ」を選定した。本品種は「ミノリムギ」に比べ、収量性はやや劣るものの、耐倒伏性の強い早生品種で麦・大豆体系への導入が容易であり、大粒で外観品質が優れ、食用麦としての精度適性が高い。
担当機関宮城県農業センター 農産部 畑作科
連絡先022-383-8119
区分(部会名)東北農業
専門育種
研究対象麦類
分類普及
背景・ねらい宮城県では大麦・大豆体系には大豆の播種時期を早めるため、早生の六条皮麦品種が
要望されているので、その品種選定を行った。
成果の内容・特徴「シュンライ」は長野県農事試験場において「ミノリムギ」を母、「東山皮68号」を
父として育成された。宮城県では昭和60年から奨励品種決定調査に供試し、
平成3年12月に本県の奨励品種として採用した。
  1. 「シュンライ」は「ナトリオオムギ」並みの早生品種である
    (表1)。
  2. 「シュンライ」は「ミノリムギ」に比較して、稈長は短く、耐倒伏性は強い。
    穂数と、子実重はやや少ないが、千粒重は大きく、外観品質は優る
    (表1、
    表2)。
  3. 「シュンライ」の粒質は中間質で、ガラス質率は「ミノリムギ」並であるが、
    黒条線が浅く精麦加工適性は極めて優れる
    (表3)。
「シュンライ」を、大麦-大豆体系に導入されている「ミノリムギ」の一部に
代えて普及することによって、大麦、大豆の安定生産と大麦の高品質化が図れる。
成果の活用面・留意点「シュンライ」を、大麦-大豆体系に導入されている「ミノリムギ」の一部に
代えて普及することによって、大麦、大豆の安定生産と大麦の高品質化が図れる。
また、留意点としては以下の点が上げられる。
  1. 「シュンライ」の播性はIで「ミノリムギ」に比べ耐寒性、耐雪性はやや劣る(表2)
    ので山間丘陵地帯の栽培は控え、適期播種を行う。
  2. 穂数が少ないので茎数の確保に努める。
  3. うどんこ病、赤さび病の抵抗性は、やや弱なので防除に努める。
  4. 稿萎縮病抵抗性は強であるが、本吉地方では発病が認められている。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分国庫補助
研究期間1953~1992
発行年度1992
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat