水稲育苗作業計画作成支援シミュレータ

水稲育苗作業計画作成支援シミュレータ

タイトル水稲育苗作業計画作成支援シミュレータ
要約育苗センター等での水稲の大量育苗作業の省力化のための問題点の解明や新たな技術を導入する場合の事前評価を目的とし、労力配分や作業日程の調整を行い、水稲育苗における作業計画の作成を支援するシミュレータを開発した。
担当機関東北農業試験場 水田利用部 作業システム研究室
連絡先0196-41-2145
区分(部会名)東北農業
専門情報処理
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい現在、水稲作の規模拡大や水田の高度利用が求められており、労働生産性を高めた
低コスト生産体系の確立が欠かせない。水稲の機械化移植体系において作業の
省力化・高能率化が図られる中で、育苗作業は人力による作業が多く、
作業時間・費用の占める割合も高い。そこで、育苗センター等での大量育苗作業の
省力化のための問題点の解明や新たな技術を導入する場合の事前評価を目的とする
水稲育苗作業計画作成支援シミュレータを開発した。
成果の内容・特徴
  1. 本シミュレータは、農家からの受注に基づき育苗センター等で立てた配布目標に
    対して、必要となる労力の配分や作業日程の調整を行い、全体の育苗作業計画を
    作成する。
  2. データとして、配布目標として定めた品種別配布日・配布箱数、各作業工程の必要と
    する労力や日程・作業能率、日毎の利用可能な労力、育苗期間の幅(最短および最長の
    育苗日数)等を設定する
    (表1、2)。
  3. プログラムは、配布日を基準にして作業工程とは逆方向に作業日程を設定する
    バックワード・スケジュール型で、配布最終日の作業から初日にかけて順次設定を
    行なう。このとき一日の作業時間、利用可能な労力等を制約条件とし、設定した
    育苗日数の範囲内で作業日程の調整を行う。
  4. 出力として、作業計画表、労力配分図・表、日別の機械の利用時間や必要とする
    資材量などが得られ、水稲の育苗作業計画の検討のために利用できる
    (図1、
    表3)。
成果の活用面・留意点計画立案ポイント(作業ピークの抑制、作業期間の短縮など)をどこに置くかにより、
最適な労力配分は変わるため、パラメータの調整や使用者の判断がある程度必要である。
また、気象条件による生育の変動については考慮していない。
具体的データ
表1、2
図1
表3
予算区分水田畑作・経常
研究期間1992~1992
発行年度1992
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat