リンゴの新品種「岩手1号」(「きおう」)

リンゴの新品種「岩手1号」(「きおう」)

タイトルリンゴの新品種「岩手1号」(「きおう」)
要約1983年に「玉林」に「はつあき」を交配した中から選抜した9月穫りの黄色品種。食味、日持ち性等が優れ、黄色品種のため着色手入れ等不用で省力化が可能である。
担当機関岩手県園芸試験場 果樹部
連絡先0197-68-2331
区分(部会名)東北農業
区分(部会名)果樹
専門育種
研究対象リンゴ
分類普及
背景・ねらい現在栽培されている9月上~中旬収穫の主要品種「つがる」は、県南地域で着色が悪く、
日持ち性が劣る、収穫前落果があるなど栽培が難しい点があった。これ等の問題を解決
するまて岩手オリジナル品種開発、育成にとりくみ有望な一系統を「岩手1号」
(「きおう」)と命名し、その特性を調査した。
成果の内容・特徴
  1. 品種の来歴
      1983年に「玉林」に「はつあき」を交雑して得た実生の中から選抜、育成し1991年に
      品種登録出願。
  2. 品種の特性
      ア、樹姿はやや開帳、樹の大きさ、樹勢は中程度である。
      イ、収穫期は9月上~中旬と「つがる」とほぼ同時期であり、収穫前落果が少ない。
      ウ、果実の大きさは280~300g程度で、「つがる」よりやや小さく「さんさ」と
      程度。
      エ、果色は黄色、果肉は黄白色で硬く、歯触りが良い。食味は果汁多く酸味もあり
      良い。
      オ、日持ち性冷蔵で約2ヶ月、常温で20日位。
      表1 「岩手1号」(「きおう」)及び授粉親和性の高い
      品種の生態
      表2 「岩手1号」(「きおう」)の樹体特性
      表3 「岩手1号」(「きおう」)の果実特性
      表4実内容
成果の活用面・留意点
  1. 花芽の着生は良好、結実も良く、豊産性であるため過着果にならないよう注意する。
    (4~5頂芽に1果)
  2. 黄色品種であることから、早穫りにならないよう地色が上り十分熟してから収穫する。
  3. 花粉の交配親和性は「ふじ」、「玉林」、「スターキングデリシャス」、「紅玉」、
    「さんさ」等主要品種は良いが、「つがる」や「はつあき」は劣るので授粉樹としては
    利用できない。
具体的データ
表2 「岩手1号」(「きおう」)の樹体特性
表3 「岩手1号」(「きおう」)の果実特性
表4 果実内容
予算区分県単
研究期間1992~1998
研究担当者久米正明、佐々木真人、小原繁、藤根勝栄
発表論文無し
発行年度1992
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat