エチレンガス利用によるセイヨウナシ「ラ・フランス」の追熟法

エチレンガス利用によるセイヨウナシ「ラ・フランス」の追熟法

タイトルエチレンガス利用によるセイヨウナシ「ラ・フランス」の追熟法
要約セイヨウナシ「ラ・フランス」の収穫後にエチレンガスを250ppmで24または48時間処理することにより、追熟促進効果が図られる。
担当機関山形県立園芸試験場 果樹部
連絡先0237-84-4125
区分(部会名)東北農業
区分(部会名)果樹
専門加工利用
研究対象西洋ナシ
分類研究
背景・ねらいセイヨウナシの品種構成は、「ラ・フランス」に偏重しているため西洋ナシの出荷時期
の一極化がみられる。また、「ラ・フランス」は、追熟に予冷を必要とするため生産量
の増加とともに予冷施設の不足が予想される。
このため、エチレンガスを利用することにより、出荷時期の前進と予冷の代用を図る必要
がある。
成果の内容・特徴エチレンガスを収穫後直ちに、250ppmで24または48時間処理し、無予冷で追熟させること
により以下の効果が期待できる。
  1. 追熟期間が10日前後短縮できる。
  2. 予冷の効果と同様に、追熟後の熟度の揃いが良くなる。
  3. 追熟完了後の果実の日持ち性は、予冷後追熟させた果実と同程度である。
図1肉硬度の推移
表1 追熟完了後の果実品質
表2 追熟完了後の果実官能調査
成果の活用面・留意点
  1. 今後は、更に試験規模を拡大し、実用化への検討を進める。
具体的データ
図1 果肉硬度の推移
表1 追熟完了後の果実品質
表2 追熟完了後の果実官能調査
予算区分県単
研究担当者奥山仁六、駒林和夫、高橋和博
発表論文なし
発行年度1992
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat