リンゴ樹を加害するキクイムシ類の種類と防除

リンゴ樹を加害するキクイムシ類の種類と防除

タイトルリンゴ樹を加害するキクイムシ類の種類と防除
要約リンゴ樹を加害するキクイムシ類は新種を含む6種が確認された。リンゴ樹への食入は4月中旬から始まり盛期は開花中であった。またアセトアルデヒド、エタノールによる誘引が認められた。防除では殺虫剤の枝幹への塗布による予防防除、孔中への注入による防除が有効であった。
担当機関秋田県果樹試験場 鹿角分場
連絡先0186-25-3231
区分(部会名)果樹
区分(部会名)東北農業
専門作物虫害
研究対象果樹類
分類指導
背景・ねらい秋田県では昭和59年頃から、わい性台樹がキクイムシ類の加害によって枯死する被害が
発生し、年次による発生量の多少はあるものの、県北地域で発生園が拡大している。
本害虫はリンゴにおける発生生態が不明なため有効な防除対策がなく、防除法確立のため加害種の同定及び発生生態の解明が求められた。
成果の内容・特徴
  1. リンゴ樹への食入が確認された種はハンノキキクイムシ、サクセスキクイムシ、
    ニレザイノキクイムシ、タイコンキクイムシ、カシワノキクイムシ、
    リンゴザイノキクイムシ(仮称、新種)の6種で、すべて養菌性のアンブロシアビートル
    であった(表1)。
  2. 越冬は前年食入した孔道内で成虫態で行われ、越冬成虫のリンゴ樹への食入は4月中旬
    からで食入の最盛期はリンゴの開花中であった(表2)。
    第一世代のふ化は6月始め頃からで、リンゴ樹からの成虫の脱出は7月中旬からと
    思われた。食入部位は木部が露出したところやその上部、腐らん病病斑部など樹皮の
    水分量が少ないところに多かった。
  3. 誘引源としてアセトアルデヒド及びエタノールを枝幹に塗布したところ、食入が多数
    認められ誘引源になりうると思われたが、定着率は低かった
    (表3)。また、エタノールの方が食入数が多かった。
  4. 被害樹に対して枝幹へのMEP剤の塗布処理により、食入防止効果が認められた。
    エアゾールタイプの殺虫剤による孔の外からの噴霧では生虫が認められ効果がやや劣り、
    孔中への注入処理はその後の木屑排出も認められず効果が高かった
    (表4)。
成果の活用面・留意点
  1. 被害樹への処理は食入後の期間が長くなると随伴菌の繁殖につれて樹勢が衰弱するため、
    発見後直ちに処置する。
具体的データ
表1
表2
表3
表4
予算区分県単
研究期間1992~1992
研究担当者水野 昇、大隅専一
発表論文リンゴ樹を加害するキクイムシ類の生態、東北農業研究、第42号、1989
発行年度1992
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat