水田土壌理化学性の実態

水田土壌理化学性の実態

タイトル水田土壌理化学性の実態
要約10年間における土壌の理化学性について実態をまとめた。耕起は浅耕化の傾向が認められるが、深耕圃場数もやや多くなっている。土壌化学性はpHが低下、腐植含量が減少傾向にあった。また窒素、リン酸及び加里はほとんどの土壌で増加していた。
担当機関岩手県立農業試験場 環境部 施肥改善科
連絡先019-688-4139
区分(部会名)東北農業
専門肥料
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい昭和54年度から開始された土壌環境基礎調査定点調査が平成4年度で3巡めが終了した。
調査は施肥、有機物施用等の土壌管理実態や土壌養分及びかんがい水の実態と、
この間の変動とを示すものである。これらの調査のうち土壌の理化学性について
実態をまとめ、これ以降の土壌管理の資とするものである。
成果の内容・特徴
  1. 耕起深は土壌型により傾向が異なるが、全体的にほとんど変化は認められない。
    しかし、深さ別にみると10cm以下と20cm以上が増加しており、沖積土壌では耕起深が
    深くなっている。
  2. pH(H2O)は全ての土壌で低下傾向にある。腐植の減少と窒素の増加によってCN比は大きく
    低下しており、土壌の消耗が進んでいることが認められる。
  3. 塩基交換用量(CEC)、交換性石灰及び苦土は大きな変化がないが、加里はすべての土壌で
    増加傾向にある。また、連作水田で交換性加里が100mg/100gを越える圃場が1巡めから
    認められ、その圃場数は増加している。
  4. 加給態リン酸(トルオーグ法)も全ての土壌で増加しており、これは土壌の吸着及び
    水稲のリン酸吸収を上回る施肥の実態を示すものと考えられる。
表1 土壌理化学性の変化
表2 土壌理化学性の度数分布
成果の活用面・留意点水田の土壌診断基準の資とする。現在、ケイ酸及びリン酸について診断基準を
定めている。
具体的データ
表1 土壌理化学性の変化
表2 土壌理化学性の度数分布
予算区分国・県
研究期間1979~1992
発表論文なし
発行年度1993
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat