水稲品種「まいひめ」の刈取時期別玄米品質特性

水稲品種「まいひめ」の刈取時期別玄米品質特性

タイトル水稲品種「まいひめ」の刈取時期別玄米品質特性
要約「まいひめ」の整粒歩合、青未熟粒歩合の推移は「むつほまれ」と大差なく、乳白粒・腹白粒等の白未熟粒歩合は「むつほまれ」よりも少なく推移する。
担当機関青森県農業試験場 藤坂支場
連絡先0176-23-2165
区分(部会名)東北農業
専門栽培
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい水稲品種「まいひめ」における出穂後の積算気温からみた刈取時期別玄米品質について、「むつほまれ」と比較検討し、その結果から刈取適期を明らかにした。
成果の内容・特徴刈取時期別の「まいひめ」の整粒歩合の推移、青未熟粒歩合の推移には「むつほまれ」と大きな差はないが、活青粒歩合は「むつほまれ」よりも低く推移する。乳白粒、腹白粒等の白未熟粒歩合は、「むつほまれ」に比べて低く推移する。茶米、着色粒等の被害粒歩合の推移は、「むつほまれ」と大きな差はない。
刈取時期別の玄米品質の推移からみた「まいひめ」の刈取適期は、出穂後積算気温でおよそ1,000℃で、その早限は850℃、晩限は1150℃で、ほぼ「むつほまれ」並である。
(具体的データ)
成果の活用面・留意点出穂期頃や登熟期間に降雨が多く、茶米や着色粒が多発するような条件の年には、晩限よりも早めに刈取りを行う必要がある。
具体的データ
(具体的データ)
予算区分県単
研究期間1995~1995
発表論文平成6年の高温下で登熟した水稲品種「むつほまれ」及び「まいひめ」の玄米品質の推移,東北農業研究,第48号,1995
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat