リンドウの腋芽のビーズ乾燥法による超低温保存

リンドウの腋芽のビーズ乾燥法による超低温保存

タイトルリンドウの腋芽のビーズ乾燥法による超低温保存
要約液体窒素によるリンドウの腋芽の超低温保存は、ビーズ乾燥法により可能である。5℃におけるハードニングを10日から25日間行い、800分から1100分乾燥することにより、再生後、約80%の節組織において正常な腋芽が伸長する。
担当機関福島県農業試験場 野菜部 バイテク研究室
連絡先0249-32-7786
区分(部会名)東北農業
専門バイテク
研究対象花き類
分類研究
背景・ねらいリンドウの育種には、優良系統およびF1育種用親株を長期的に維持・保存することが必要となる。しかし、実生による優良株の維持・増殖を行う場合、形質のバラツキと自殖による弱勢化が問題となる。優良個体の組織を超低温下で半永久的に保存し、必要に応じて植物体を再生できれば育種に役立つことから、取り扱いが容易な組織の超低温保存技術の開発が望まれていた。
成果の内容・特徴
  1. 通気膜のついたプラントボックスで2カ月間培養したリンドウ(ササ×エゾ)の腋芽を含んだ節組織(約2mm)を用い、ビーズ乾燥法の手順は図1の通りである。
  2. ハードニング処理は、1/2MS培地で約10日間、15℃において培養した後、10日から25日間、5℃で培養する(図2)。
  3. 前培養は、1/2MS培地(0.7Mショ糖を加え、硝酸アンモニウムは除いた)で2日間、5℃において培養する。アルギン酸ビーズへの包埋は、切片を3%(w/v)アルギン酸ビーズに包埋した後、1/2MS液体培地(0.7Mショ糖を加え、硝酸アンモニウムは除いた)中で一晩、5℃において振盪する。
  4. ビーズの乾燥は、25℃で風乾した後、クライオチューブに入れて液体窒素に投入する。
  5. 液体窒素から取り出したビーズは、32℃で急速に加温した後、硝酸アンモニウムを除いた1/2MS培地に置床し、1週間後に硝酸アンモニウムを含んだ1/2MS培地に移植する。
  6. 乾燥時間800分から1100分の間では、約80%の腋芽伸長率が得られる(図3)。
  7. 超低温保存した腋芽は、正常に生育して植物体となる。
成果の活用面・留意点供試材料は、ササ×エゾ系統であり、他の系統については未検討である。
具体的データ
図1
(図2)
(図3)
予算区分国補(地域バイテク)
研究期間1995~1995
発表論文ビーズ乾燥法を用いたリンドウ節組織腋芽の超低温保存,第14回日本植物組織培養学会大会講演要旨集,p74,1995
発行年度1995
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat