乗用管理機の液剤散布量モニタリング装置

乗用管理機の液剤散布量モニタリング装置

タイトル乗用管理機の液剤散布量モニタリング装置
要約乗用管理機による液剤散布作業中に、オペレータが散布量を把握できる近接センサ、流量センサ、指示計からなる液剤散布量モニタリング装置を開発した。
担当機関福島県農業試験場 種芸部 農機機械研究室
連絡先0249-32-7785
区分(部会名)東北農業
専門機械
研究対象農業機械
分類普及
背景・ねらい大区画圃場において、防除・追肥作業の労働強度の軽減化を図るために、
液剤・粒状物散布ができる乗用管理機が開発されている。
しかし、散布量が把握できないために、
散布ムラや能率の低下等の問題が生じている。
このため、オペレータが作業中に液剤の散布量を確認できるよう
散布量モニタリング装置を試作開発した。
成果の内容・特徴
  1. モニタリング装置は、近接センサ、流量センサ、指示計からなり、
    以前に乗用田植機をベースに開発した乗用管理機の液剤散布装置に取り付けた。
    (図1, 表1)
  2. 機体に取り付けた近接センサで車輪の回転数を、
    動力噴霧機からの配管部に取り付けた流量センサで液剤の吐出量を検出する。
    それらと散布幅から指示計により作業中の単位面積当たりの散布量を演算表示する。
    オペレータは散布量を確認しながら作業できる。
    また、指示計は作業速度、吐出量の表示もできる。
  3. モニタリング装置による圃場での散布精度は、
    進行低下率で補正した指示値と実散布量がほぼ同一となる
    (表2)。
  4. モニタリング装置は約80千円と安価であり、自作可能である。
成果の活用面・留意点車輪の進行低下率は作業時の土壌条件により異なるので、事前に調査する。
具体的データ
(図1, 表1)
(表2)
予算区分国庫補助
研究期間1994~1996
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat