ネギアザミウマ,アブラムシ類,ナモグリバエに対するシルバーマルチとシルバーテープの忌避効果

ネギアザミウマ,アブラムシ類,ナモグリバエに対するシルバーマルチとシルバーテープの忌避効果

タイトルネギアザミウマ,アブラムシ類,ナモグリバエに対するシルバーマルチとシルバーテープの忌避効果
要約ネギアザミウマ、アブラムシ類、ナモグリバエに対する忌避効果は、ネギアザミウマではシルバーテープがやや優り、アブラムシ類とナモグリバエではシルバーマルチが高かった。
担当機関宮城県園芸試験所 環境部 病害虫科
連絡先022-383-8132 
区分(部会名)東北農業
専門作物虫害
研究対象昆虫類
分類指導
背景・ねらい農薬依存度を減らし環境保全型農業を推進する上で、
シルバーマルチやシルバーテープを利用する物理的防除技術も有効な手段となるが、
ネギアザミウマ、アブラムシ類、ナモグリバエに対し
実際にどの程度の効果を示すかが明確でなかった。そこで、
これらの資料の忌避効果を明らかにし、各種作物の防除に利用する上での指標とする。
成果の内容・特徴
  1. ネギアザミウマの忌避効果は、シルバーテープとシルバーマルチで
    忌避率がそれぞれ約70%と60%であり、前者が高かった
    (表1)。
  2. アブラムシ類の忌避効果はシルバーマルチとシルバーテープで
    忌避率がそれぞれ約70%と35%であり、前者が明らかに高かった。
    また、モモアカアブラムシはワタアブラムシより多く忌避された
    (表2)。
  3. ナモグリバエの忌避効果は、シルバーマルチでは認められたが
    シルバーテープでは認められなかった
    (表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 忌避資料単独では防除効果は不十分であり、さらに定着虫には効果が無く、
    天敵類の忌避も考えられるので、他の防除技術も組み合わせる。
  2. 銀色の資材はコナガ、モンシロチョウ等を誘引するので注意する。
  3. シルバーマルチでは追肥が困難なので、緩効性肥料の利用を考慮する。
  4. 供試した資材はトーカンボウチュウシルバーLNRと防虫テープRであり、資材や使用条件により効果は異なるので忌避率は目安とする。
具体的データ
(表1)
(表2)
(表3)
予算区分県 単
研究期間1993~1996
発表論文なし
発行年度1996
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat