発芽子葉を利用したナタネの種子グルコシノレート含量の簡易評価法

発芽子葉を利用したナタネの種子グルコシノレート含量の簡易評価法

タイトル発芽子葉を利用したナタネの種子グルコシノレート含量の簡易評価法
要約播種後2~3日目の発芽子葉に含まれるグルコシノレートを加水分解し、遊離したグルコースをムタロターゼ・グルコースオキシダーゼ法を用いて測定することにより、グルコシノレート含量を簡易評価することが可能である。
担当機関東北農業試験場 作物開発部 資源作物育種研究室
連絡先019-622-3310
区分(部会名)東北農業
専門育種
研究対象なたね
分類研究
背景・ねらいこれまで、低グルコシノレート個体の選抜は、F2植物上のF3種子をまとめて集団として検定していた。しかし、この方法では多数の種子が必要なため、F3世代以降でしかグルコシノレート含量を評価することができなかった。また、低グルコシノレート個体の出現頻度が非常に低いため、多数のF2個体を選抜する必要があった。このため、低グルコシノレート個体の早期選抜を可能とする、グルコシノレート簡易評価法を開発しようとした。
成果の内容・特徴
  1. 20度のインキュベータ内において、播種後2~3日経過し、発芽した個体の半子葉を摘出して、種子グルコシノレート含量の評価に利用する。
  2. 図1の操作により、摘出半子葉に含まれるグルコシノレートを内性の酵素ミロシナーゼによって加水分解し、遊離したグルコースをムタロターゼ・グルコースオキシターゼ法による医療用グルコース測定試薬を用いて発色させる。
  3. 本検定法による低グルコシノレート個体の検出精度は高く、グルコシノレート含量が低・中・高の品種は種子1粒レベルで明確に区分される。また、吸光度が0.1以下の個体を選抜することで、容易に低グルコシノレート個体を選抜することができる(図2)。
  4. 子葉に含まれるグルコシノレート含量は、その多少や日長条件に関わらず播種後3日目までは変動が小さい(図3-a、b)。
  5. 肉眼による発色程度の判定でも、低グルコシノレート個体の選抜は可能である。
  6. 分光光度計を用いた測定では1日に150点、肉眼による判定では約400点の評価が可能である。
成果の活用面・留意点
  1. 低グルコシノレート品種育成のための初期選抜に利用できる。
  2. 本簡易評価は播種後3日までに行う。
具体的データ
図1 グルコシノレート含量簡易評価のための操作手順
図2 簡易評価法によるグルコース吸光度とHPLC法によるグルコシノレート含量の分布
図3(左:a、右:b) 播種後日数と子葉のグルコシノレート含量(●:照明なし、○:照明16時間/日)
予算区分新需要創出
研究期間1994~1997
発表論文1)発芽子葉を利用した低グルコシノレート個体の簡易検定法(1997)育種学雑誌、47(別1)、266
2)医療用検査試薬を使って新しいナタネを開発する(1997)東北農業試験場たより、84、4
発行年度1997
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat