タラノキの効率的な育苗体系

タラノキの効率的な育苗体系

タイトルタラノキの効率的な育苗体系
要約タラノキの増殖率を上げるため、種根を5cmに調整し調整後直ちに切り口部分に保護剤を塗布する。種根を芽出しした後、10.5cm再生紙ポットに鉢上げして育苗すると、植え付け後の生育揃いが良く欠株も生じない。芽出し温度は20度Cで管理する。
担当機関山形県農業研究研修センター 中山間地農業研究部
連絡先0233-22-2201
区分(部会名)東北農業
専門栽培
研究対象野草類
分類普及
背景・ねらいタラノキの増殖は、慣行では15cm前後の種根を芽出しし、
直接畑に植え付ける挿し根法で行われているが、活着が不安定で欠株が生じやすい。
このため、初期生育を安定させ、
生育の揃いを向上させる効率の良い育苗体系を確立する。
成果の内容・特徴
  1. 種根は長さは5cmに調整する。5cmの種根は慣行より出芽率がやや低く、
    育苗終了時の生育も劣るが、増殖率が高い(表1)。
  2. 種根の切り口部分に保護剤を塗布すると腐敗の発生が少ない
    (表2)。
  3. 芽出しの温度は、20℃で管理すると最も出芽率が高い
    (表3)。
  4. 根鉢の形成が遅いタラノキでは、再生紙ポットを用いると、活着率及び作業性が高い
    (データ略)。
成果の活用面・留意点
  1. 増殖に用いる種根は1年養成株より採取する。
  2. 芽出し中の培養土は適湿を保つ。
  3. 植え付け後乾燥に留意する。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分国庫助成(地域基幹)
研究期間1998~1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat