農村女性による起業活動の展開課程と支援の方向

農村女性による起業活動の展開課程と支援の方向

タイトル農村女性による起業活動の展開課程と支援の方向
要約農村女性による起業活動の展開過程は次の手順である。(1)グループ活動から技術習得し、(2)自己製品の自信を深め、(3)販路を確保し、(4)設備投資を行い、(5)活動の再編を図る活動の問題点は販路の開拓が困難であることと、設備と労働が不足しており作業が不効率であることが挙げられる。それぞれ適切な支援が求められる。
担当機関岩手県農業研究センター 企画経営情報部 農業経営研究室
連絡先0197-68-4404
区分(部会名)東北農業
専門経営
分類指導
背景・ねらい農村女性の手により地域特産物や山菜などを加工する取り組みは、
加工品の商品化を図り、製造、販売をとおして利益を追求する起業活動へと展開した。
活動事例に対する面接調査やアンケート調査により、
グループ活動から独立し起業活動へと展開する過程と活動の問題点
及び関係団体による支援方向を明らかとした。
成果の内容・特徴
  1. 起業活動の展開過程(図1)
    趣味・仲間作りを主とした加工活動から一歩踏み出して、
    所得を追及する加工活動へと展開した事例から、起業活動の展開過程を整理した。
    1. グループ活動に参加し、技術習得を行う
    2. 外部評価を得たことから自己の製品への自信を持つ
    3. 外部の支援を受けて販路を確保する
    4. 自己の投資能力に応じた設備の拡張を行う
    5. 労働力を確保し、自己の意思決定が成り立つ状態で活動主体の(組織)再編を行う
  2. 活動の問題点と支援の方向(図1、
    表1、表2)
    1. 販売先の開拓が困難である。
      →地域内外を問わず、販売業者に対する橋渡しをする。
      →製造品のパッケージや宣伝方法など地域に応じた販売ノウハウを提供する。
    2. 作業が不効率である、設備と労働が不足していることが挙げられる。
      →構成員の労働提供時間を明確にし、活動計画を策定させる。
      →設備投資については、活動の構成や運営状況に応じた投資計画を立てる。
      →融資や補助事業に関する情報を提供する。
成果の活用面・留意点
  1. 現行のグループ活動の中にも、起業化への意欲のある個人が潜在している。
    構成員の個々の意識を把握し、見込みのある人を拾い上げ、
    上記展開過程を踏ませることが望まれる。
  2. 農村女性の起業活動は、目的、把握、活動の構成、製造工程、
    地域内販路の状況など多様であるので、支援に当たり、多方面の専門家を交え、
    個別の対応が望ましい。
具体的データ
図1
表1
表2
予算区分県単
研究期間1998~1998
発行年度1998
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat