岩手県における酒造好適米水稲品種「岩手酒52号」の採用

岩手県における酒造好適米水稲品種「岩手酒52号」の採用

タイトル岩手県における酒造好適米水稲品種「岩手酒52号」の採用
要約水稲「岩手酒52号」は、早生の酒造好適米系統である。岩手県中北部で栽培可能な、早生で、収量、品質とも優れ醸造特性・酒質のよい酒用原料米として奨励品種に採用した。
担当機関農産部 水田作研究室
岩手県農業研究センター 県北農業研究所 やませ利用研究室
区分(部会名)東北農業
専門育種
研究対象稲類
分類普及
背景・ねらい岩手県中北部では、粳米品種と糯米品種の他に、用途の異なる水稲品種の導入が
生産者から求められている。また、実需者からは「トヨニシキ」、「たかねみのり」等の
一般米に代わる醸造特性、酒質のよい酒造好適米品種が求められている。そこで、
県中北部で栽培可能な、早生で醸造特性、酒質のよい酒造好適米品種を選定する。
成果の内容・特徴
  1. 水稲「岩手酒52号」は平成2年に旧岩手県立農業試験場において、「秋田酒44号」を
    母とし、「東北141号、こころまち」を父として育成された系統である。
  2. 出穂・成熟期は「たかねみのり」並からやや早い"早生の中"である。稈長・穂長は
    「たかねみのり」並からやや短く、穂数は「たかねみのり」並からやや少ない。草型は
    "偏穂数型"で、耐倒伏性は「たかねみのり」よりやや劣る"中"、収量性はほぼ
    「たかねみのり」並で、特に県北で収量、品質ともに優れている
    (表1)。
  3. いもち病真性抵抗性遺伝子型は"Pi a、Pi i"と推定され、いもち病
    圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちとも"やや強"で、障害型耐冷性は"中"、穂発芽性は
    "中"程度と推定される。
  4. 心白の発現は「美山錦」より少なく、玄米の外観品質は「美山錦」並みである。
  5. 千粒重は「たかねみのり」より重く、粒厚も「たかねみのり」に比べ厚い粒の割合が
    高い(表2)。
  6. 醸造特性及び醸造酒の酒質等は「美山錦」とほぼ同等である(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 岩手県では、県中北部向け酒用原料米として奨励品種に採用され、普及見込み面積は
    600haである。
  2. 基肥は当面「たかねみのり」並の標肥とする。
  3. いもち病圃場抵抗性は葉いもち、穂いもちとも"やや強"であるが、基本防除が必要
    である。
  4. 耐冷性は"中"で「たかねみのり」より弱いので、移植時期は「たかねみのり」より早めず、
    深水管理を励行し、障害不稔を防止する。
  5. 刈取時期は積算平均気温(アメダス値)で1,000~1,100度Cを目安とし、黄化籾率
    80~90%を指標として刈り取りを行う。
具体的データ
表1
表2
表3
予算区分県単(平成10~11年度)、国庫(平成9年度)
研究期間1999~1999
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat