肥効調節型肥料と牛ふん堆肥による50%減化学肥料栽培

肥効調節型肥料と牛ふん堆肥による50%減化学肥料栽培

タイトル肥効調節型肥料と牛ふん堆肥による50%減化学肥料栽培
要約水稲の減化学肥料栽培において、「肥効調節型肥料による育苗箱施肥」、「牛ふん堆肥による化学肥料代替」の両技術を組み合わせることで、慣行栽培と同等の収量を得ることができる。
担当機関山形県立農業試験場 化学部
連絡先023(647)3500
区分(部会名)東北農業
専門肥料
研究対象稲類
分類指導
背景・ねらい環境保全型農業への社会的関心の高まりから、これまでの化学肥料施肥に過度に依存
した栽培から化学肥料の使用量を制限し、環境への負荷をできるだけ軽減した施肥
技術の開発が望まれている。
そこで、施肥効果の高い肥効調節型肥料を用いた育苗箱施肥と牛ふん堆肥による
化学肥料代替を組み合わせた「50%減化学肥料栽培技術」を開発する。
成果の内容・特徴
  1. 肥効調節型肥料と牛ふん籾殻堆肥を組み合わせた施肥体系は以下の通りである。
    1. LPNKS100(肥効調節型肥料)を窒素成分で0.4kg/aとなるように育苗箱施用する。
    2. 慣行施肥窒素量(0.8kg/a)の30%(0.24kg/a)を牛ふん籾殻堆肥で代替する。
    3. 以上により、慣行施肥窒素量の50%を肥効調節型肥料で、30%を有機物で施用する
      ことになり、20%は減肥できる(図1)。
  2. 本技術で栽培した水稲の初期~中期の生育は、慣行栽培よりも草丈、
    茎数ともに低めに推移するが、成熟期での生育は慣行栽培並
    である(表1)。
  3. 精玄米重は、慣行栽培と同等であり、良質粒歩合は慣行栽培よりも高い(表2)。
  4. 玄米窒素濃度は、慣行栽培より低い(表2)。
  5. 稲体窒素吸収量は、生育初期~中期にかけては慣行栽培よりも少なく、生育後期に
    かけては、慣行栽培並である(表3)。
  6. 以上、LPNKS100と牛ふん籾殻堆肥を組み合わせ、化学肥料を50%節減した本技術に
    より、慣行栽培と同等の収量を得ることができる。
成果の活用面・留意点
  1. 品種「はえぬき」を供試した結果である。
  2. 以下に示す成分の牛ふん籾殻堆肥を供試した結果である。
      H10:水分 63.5% T-N(現物) 0.46% C/N比 18.2
      H11:水分 67.9% T-N(現物) 0.54% C/N比 17.9
  3. 牛ふん籾殻堆肥を施用する際は、肥効率を考慮する。
  4. LPNKS100は、10a当たりの使用苗箱数を23箱とした場合、窒素成分で174g/箱施用。
  5. 堆肥を連用することにより地力が富化されるので、堆肥を連用する際は施用量を
    調整する必要がある。
具体的データ
図1
表1
表2
表3
予算区分県単
研究期間1999~2001
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat