新規顆粒性澱粉合成酵素遺伝子:GBSSⅡ

新規顆粒性澱粉合成酵素遺伝子:<i>GBSSⅡ</i>

タイトル新規顆粒性澱粉合成酵素遺伝子:GBSSⅡ
要約小麦に、新規顆粒性澱粉合成酵素(Granule Bound Starch Synthase Ⅱ:GBSSⅡ) を確認し、その遺伝子をクローン化した。GBSSⅡ遺伝子は、胚乳・花粉で発現する既知GBSSⅠ(waxy)遺伝子とは異なる遺伝子座に座乗する。
担当機関東北農業試験場 作物開発部 育種工学研究室
連絡先019-643-3514
区分(部会名)東北農業
専門バイテク
研究対象麦類
分類研究
背景・ねらいアミロースは、イネ、コムギ等の穀類の澱粉特性に大きな影響を与える重要な物質であり、その合成はADPグルコースを基質として、顆粒性澱粉合成酵素 (Granule Bound Starch Synthase:GBSS)によってなされる。イネ科作物では、GBSS(=waxy)遺伝子に変異が生じることにより、アミロースが胚乳澱粉から欠失しアミロペクチンのみからなるモチ澱粉を持つモチ変異体になることが知られている。しかしながら、モチ小麦においては、GBSS遺伝子が完全に機能を失ったにもかかわらず、果皮澱粉にアミロースが確認され、既知のGBSS遺伝子とは異なる同遺伝子の存在が示唆された。そこで本研究では、新たなGBSSの存在の確認およびその遺伝子のクローン化をおこなった。
成果の内容・特徴
  1. 小麦の果皮澱粉には、GBSS活性が検出されると同時に分子量59kDの結合タンパク質が検出される。そのタンパク質のN末端のアミノ酸配列は、既知GBSSタンパク質と相同性を示し、基質の結合部位となるアミノ酸配列(KTGGL)を有する(図1)。しかしながらその配列は、小麦胚乳澱粉に検出される61kDの既知GBSS(Wxタンパク質)とは異なる。既知同酵素をGBSSⅠとし、新規結合タンパク質をGBSSⅡとする。
  2. ジャガイモGBSSに対する抗体により、cDNAライブラリーより得られた GBSSⅡ遺伝子(AF109395)の大きさは2081bp(コーデング領域1799bb)である。小麦GBSSⅠ遺伝子との間の相同性は、塩基レベルで57%、タンパク質レベルでは65%程度である。GBSSⅡは、単子葉より双子葉植物のGBSS遺伝子により高い相同性を示す(図2)。
  3. 小麦GBSSⅠ遺伝子は、第7同祖染色体群に座乗するが、GBSSⅡは第2同祖染色体群に座乗する。またGBSSⅡ遺伝子はコムギ以外のイネ科作物(イネ、トウモロコシ、大麦) にも存在する(図3)。
  4. GBSSⅡ遺伝子は胚乳では発現しないが、果皮、茎葉等で発現しており、GBSSⅠは貯蔵組織の澱粉合成に、GBSSⅡは栄養器官の澱粉合成に関与する。
成果の活用面・留意点
  1. GBSSⅠ及び遺伝子は、互いにクロスハイブリしない。
  2. GBSSⅠ及び遺伝子は異なる器官で発現しており、器官特異的遺伝子発現の機構を解明するために活用できる。またGBSSⅡのプロモーターは、形質転換において目的遺伝子を胚乳以外の組織で発現させるために有効と考えられる。
具体的データ
図1
図2
図3
予算区分経常
予算区分マイクロアレイ
研究期間1997~2001
発表論文1) Vrinten,P. and T.Nakamura (2000) Wheat granule-bound starch synthase Ⅰ and Ⅱ are encoded by separate genes and are expressed in different tissues. Plant Physiol 122:255-264.
2) Nakamura T., P.Vrinten, K.Hayakawa and I.Ikeda(1998).Characterization of a granule-bound starch synthase isoform found in the pericarp of wheat. Plant Physiol 118:451-459.
3) 中村俊樹、池田順一、P.Vrinten (1996) コムギ果皮に見られる澱粉粒結合タンパク質. 育種学雑誌 46(別 2) p265.
4) 中村俊樹、P.Vrinten (1995). モチコムギにおけるWx 遺伝子の発現. 育種学雑誌 45(別 2) p264.
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat