トウモロコシ圃場における土壌中のイチビ種子の垂直分布と実生の発生

トウモロコシ圃場における土壌中のイチビ種子の垂直分布と実生の発生

タイトルトウモロコシ圃場における土壌中のイチビ種子の垂直分布と実生の発生
要約飼料用トウモロコシ圃場におけるイチビの出芽数と土壌中のイチビ種子密度は比例する。土中種子の垂直分布は作土層の範囲で均等であるが、出芽した実生の大部分は浅い土層の種子から発生し、発芽しなかった種子は土壌中に生存したまま残存する。
担当機関東北農業試験場 草地部 飼料作物研究室
連絡先019-643-3563
区分(部会名)東北農業
専門栽培
研究対象飼料作物類
分類指導
背景・ねらいイチビ(Abutilon theophrasti Medic.)の防除を難しくしている要因の一つに、
種子に休眠性があり土壌中で埋土種子として長期間(20年以上)生存可能である
ことがあげられる。飼料用トウモロコシ圃場におけるイチビの発生様相を明らかに
し、防除の基礎データとするため、数年前からイチビが発生している圃場の土壌中
のイチビ種子の状態とその種子からのイチビの出芽について検討する。
成果の内容・特徴
  1. イチビの出芽数と埋土種子密度は比例し、作土層cに存在した種子の約15%が出芽
    する(図1、表1-出芽後(1)・(2))。
  2. イチビが結実し種子の落下が数年間続いたトウモロコシ圃場では、土壌中の
    イチビ種子は耕起作業により作土層でほぼ均等に分布する
    (表1-出芽前)。
  3. イチビの実生の出芽は大部分(94%)が深さ6cmより浅い土層から出芽し、12cmより
    深い土層からは出芽しない(図2)。
  4. 地表面から深さ10~20cm、20~30cmの層の埋土種子の分布割合は出芽前後で
    大きくは変わらないが、10cmより浅い層の埋土種子は減少し、その減少分は
    出芽した実生の数にほぼ一致する(表1)。
  5. 土中から取り出した種子は休眠打破処理(65度C熱水15分浸漬)を行うと
    9割近くが発芽した。よってイチビの発生している圃場においては、出芽した
    実生数の5倍以上の種子が土壌中に存在し、発芽能力を保ったまま残存する
    (表1-出芽後(2))。
成果の活用面・留意点
  1. イチビの防除における、侵入初期の防除の重要性を指導する際の指針とする。
  2. 出芽深度は土壌等の条件により異なる可能性がある。
具体的データ
図1
表1-出芽前
予算区分経常
研究期間1993~2001
発表論文「イチビ(Abutilon theophrasti Medic.)の実生と埋土種子集団」日本草地学会誌、第43巻別号、12~13、1997
発行年度1999
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat