β−ラクトグロブリンは哺乳子牛の脂質吸収を高める

β−ラクトグロブリンは哺乳子牛の脂質吸収を高める

タイトルβ−ラクトグロブリンは哺乳子牛の脂質吸収を高める
要約 β-ラクトグロブリン(BLG)の給与は、哺乳子牛の消化管からのレチノール、中性脂肪の吸収を高めた。また、BLG摂取により血漿総脂質に占めるパルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸の割合が増加した。この作用は、BLGの生理機能が脂質成分の吸収を促進すること、BLGが脂肪酸に対する結合親和性を有することを示している。
担当機関東北農業試験場 畜産部 栄養生理研究室
連絡先019-643-3546
区分(部会名)東北農業
専門畜産
研究対象乳肉用牛
分類研究
背景・ねらいBLGは牛の乳清タンパク質の主成分であり、初乳中に多く含まれる。BLGは人乳には含まれないことから、これまでは牛乳アレルギーの原因物質としての研究が主であった。BLGの生化学的特性として、in vitroにおける疎水性物質との結合親和性が明らかにされているが、その生理機能は未だ不明である。そこで、BLGの給与が哺乳子牛の脂質代謝に及ぼす影響を検討した。
成果の内容・特徴
      
  1. 10日齢のホルスタイン種雄子牛を用い、BLG(体重の0.04%)添加乳(BLG区、10頭)または無添加乳(対照区、10頭)にビタミンA(500,000 IU)を混和した。哺乳後の血漿レチノール濃度は、BLG区が対照区よりも有意に高く推移した(図1)。
      
  2. 10日齢のホルスタイン種雄子牛を用い、BLG添加乳(BLG区、9頭)または無添加乳(対照区、9頭)に乳脂肪(体重の0.08%)を混和した。哺乳後の血漿中性脂肪濃度は、BLG区が対照区よりも有意に高まった(図2)。また、哺乳9時間後における血漿総脂質の脂肪酸構成は、BLG区のパルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸の割合が増加した(表1)。
成果の活用面・留意点
     
  1. 初乳期及び常乳移行期におけるBLGの生物学的機能解明のための基礎的データとして有効である。
  2. 消化管粘膜における吸収メカニズムについては別に検討を要する。
具体的データ
図1
図2
表1
予算区分経常
研究期間2000~2000
研究担当者櫛引史郎、篠田 満、上田靖子、新宮博行、甫立孝一(現畜産試験場)
発表論文1)Effect of whey protein concentrate on postprandial changes in plasma concentrations of retinol andtriglyceride in preruminant.Anim.Sci.& Technol.,68,p1137-1140(1997)
2)Effect of BLG on plasma retinol and triglyceride concentrations,and fatty acid composition in calves.J.Dary.Res.,acceptance for publication.
発行年度2000
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat