ヒルガオの翌春の乾物生産抑制に及ぼす秋耕の効果

ヒルガオの翌春の乾物生産抑制に及ぼす秋耕の効果

タイトルヒルガオの翌春の乾物生産抑制に及ぼす秋耕の効果
要約秋耕を少なくとも2回以上行うと翌年のヒルガオの地上部および根茎の乾物生産は共に抑制される。
キーワード栽培、雑草類、飼料用とうもろこし、ヒルガオ、秋耕、乾物生産
担当機関(独)農業技術研究機構 東北農業研究センター 畜産草地部 飼料生産研究室
連絡先019-643-3564
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい秋耕は作物収穫後の耕種的雑草防除として行われる。しかし、飼料用とうもろこし栽培では秋耕は行われないことが多く、冬作の無い栽培体系の場合では冬作物のための耕起も無い。とくにヒルガオは根茎で繁殖する多年生雑草であるため、慣行による制御は難しい。そこで、ヒルガオの蔓延した圃場における秋耕が翌春のヒルガオの乾物生産抑制に及ぼす効果を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
表1)。
2.
表2)。
3.
以上より、10月と11月の2回の秋耕は翌年の5月15日と6月15日の発生数を減少させることはできないが、個体あたりの地上部重は大きく減少させる。したがって、6月15日には2回耕起区では地上部重は対照区と比べて少ない。さらに、2回耕起区では根茎重も6月15日には対照区と比べて著しく少なく、面積あたりの乾物重は地上部、根茎部ともに2回の秋耕で抑制される。
成果の活用面・留意点1.
6月15日の発生数、地上部重および根茎重の様相からヒルガオの抑制のための秋耕は1回では効果は無く、少なくとも2回は必要である。
2.
飼料用とうもろこしを栽培する場合は、2回の秋耕に加えて、小さくなった残存個体を除草剤および中耕・培土によって、さらに制御すること。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金
研究期間1997~2001
研究担当者魚住 順、出口 新、田中 治、伏見昭秀
発表論文伏見ら(1998年) 雑草研究43(4):312~315.伏見ら(2000年) 雑草研究45(3):214~216.
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat