東北地方の大規模林間放牧地における日本短角種の行動特性

東北地方の大規模林間放牧地における日本短角種の行動特性

タイトル東北地方の大規模林間放牧地における日本短角種の行動特性
要約夏山林間放牧における日本短角種繁殖雌牛の牛群は、血縁や飼養農家によるサブグループを基礎に新植地をえさ場に、広葉樹林帯を休息場に、林道・搬出道を移動に利用して、数百ヘクタールの広域を行動する。
キーワード日本短角種、林間放牧、家畜行動、肉用牛、資源利用、摂取植物、サブグループ
担当機関(独)農業技術研究機構 東北農業研究センター 総合研究部 総合研究第2チーム
連絡先019-643-3412
区分(部会名)畜産草地
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい未利用資源としての植林地の利用とあわせて下刈り効果をねらう林間放牧が注目されている。日本短角種は放牧共用林野方式の中で維持されてきた肉用牛品種であり大規模林地の回遊特性に優れ野草や樹葉を非選択的に利用し、子育て能力が高く、低投入の林間放牧に最も適した品種とされる。しかし、数百ヘクタールに及ぶ林野をどのように合理的に利用しているのか不明である。そこで、広域林地における牛群の行動(移動・採食・休息)を解析し、合わせてGPS利用の可能性についても検討する。
成果の内容・特徴1.
試験地はブナを主体とする広葉樹林内に各種の林齢のスギの二次林が小林班としてパッチ条に配置された国有林野で、放牧共用林として川上牧野組合が夏山放牧利用を行っている。
2.
日本短角種雌牛群は全群で一夏に800ha内外の広域を行動している(図1)。各個体毎の行動域は約500ha程度であるが、個体の一日の移動距離は2km程度で牧草地放牧の場合と変わらない(図2)。
3.
血縁や同一農家出身という結びつきを基盤に、3~4グループに分かれて行動する。
4.
放牧中には非常に多種類の植物を摂食するが、植林地内のスゲ、フキ、ササの摂食割合が高い(図3)。
5.
行動域の中ではスギの新植地(幼齢林地)を主体とする3地域を利用し、1地域を1週間程度連続的に利用した後、他の地域に移動することが明らかとなった。この場合、主として新植地をえさ場に、広葉樹林地を休息場に、林道・搬出道を移動に利用する(図4)。
6.
GPSによる行動の記録と、GIS(地理情報システム)による位置の判定から、放牧牛の長期にわたる詳細な位置情報が得られる(図5)。
成果の活用面・留意点1.
無牧柵林間放牧における牛群管理技術開発の基礎的資料となる。
2.
品種や植生の異なる他の地域では異なる行動特性となるものと考えられる。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金プロ(赤肉生産)・経常
研究期間1997~2001
研究担当者安江健(茨城大学)、佐藤衆介(東北大学)、三田村強、渋谷幸憲、須山哲男、竹中昭雄
発表論文杉山ら(2001)日草誌47(別)176-177.
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat