鉢物用カンパニュラの春出し栽培における加温電照栽培の効果

鉢物用カンパニュラの春出し栽培における加温電照栽培の効果

タイトル鉢物用カンパニュラの春出し栽培における加温電照栽培の効果
要約鉢物用カンパニュラにおいて冬期間に加温電照処理を行うと、6月から8月の開花期を最大で2か月から5か月早めることができる。
キーワードカンパニュラ、鉢物、加温、電照
担当機関フラワーセあおもり 栽培開発部
連絡先017-728-8721 / kazuya_sasaki@ags.pref.aomori.jp / kazuya_sasaki@ags.pref.aomori.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい青森県内の鉢物生産はプリムラやシクラメンが中心となっており、新たな品目の開発が求められている。そこで、新規の鉢物品目として、カンパニュラの春出し栽培における加温電照時期を検討する。
成果の内容・特徴1.
鉢物用カンパニュラにおいて冬期間に加温(最低温度15℃)と電照(深夜4時間の暗期光中断)の処理を行うと、開花期が早まる(表1)。
2.
その効果は品種によって異なり、12月処理では開花期が最大で2か月から5か月早まる(表1)。
3.
処理開始時期と品種を組み合わせることにより、鉢物用カンパニュラを2月から9月まで長期出荷することができる(表1)。
4.
開花時の株張りを見ると、品種間差はあるものの全般に2月開始のものの株張りが優れる傾向にある(表2)。
成果の活用面・留意点1.
播種時期と開花時期の関係については未検討である。
2.
冬期間の気温により開花期は変化すると思われる(1月から3月の屋外平均気温:平年-0.3℃、調査年1.5℃)。
具体的データ
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2002
研究担当者佐々木和也
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat