アカヒゲホソミドリカスミカメの増殖に及ぼす温度の影響

アカヒゲホソミドリカスミカメの増殖に及ぼす温度の影響

タイトルアカヒゲホソミドリカスミカメの増殖に及ぼす温度の影響
要約アカヒゲホソミドリカスミカメを卵~成虫まで19、25及び30℃で飼育すると、高温ほど世代期間が短縮し、産卵数が多く、内的自然増加率が高くなる。このことから、本種は高温で増殖率が高くなり、そのため高温年に多発生しやすいと考えられる。
キーワードアカヒゲホソミドリカスミカメ、産卵数、内的自然増加率
担当機関青森県農試 病害虫防除室
連絡先0172-52-4314 / yuuji_kimura@ags.pref.aomori.jp / yuuji_kimura@ags.pref.aomori.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい斑点米カメムシのアカヒゲホソミドリカスミカメを異なる温度条件で飼育し、増殖に及ぼす温度の影響を明らかにする。
成果の内容・特徴1.
卵~成虫を19、25及び30℃一定条件でコムギ苗を餌として飼育すると、卵、幼虫並びに産卵前期間は高温ほど短くなり、生涯産卵数は高温ほど多くなる(表1)。
2.
雌は19℃では長期間にわたって少しずつ産卵するが、25℃以上の高温では短期間に多くの卵を産む(図1)。
3.
内的自然増加率は温度によって異なり、高温ほど高くなる(表2)。
4.
これらのことから、アカヒゲホソミドリカスミカメは高温で増殖率が高くなり、それが高温年に多発生する一要因と考えられる。
成果の活用面・留意点1.
気温による発生変動を予測できるので、適切な防除対策を行うことができる。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2001~2005
研究担当者木村勇司
発表論文なし
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat