ウシ過剰排卵処理において正常胚数を増やす方法

ウシ過剰排卵処理において正常胚数を増やす方法

タイトルウシ過剰排卵処理において正常胚数を増やす方法
要約黄体ホルモン製剤(CIDR)とブタ卵胞刺激ホルモン(pFSH)を用いたウシ過剰排卵処理において、処理開始3日前に安息香酸エストラジオール(EB)を1mg投与すると、回収される正常胚数がEB無投与時に3個以下の牛群では平均2.1個増加する。
キーワード繁殖、牛、受精卵、過剰排卵処理
担当機関静岡畜試
大分畜試
奈良畜研
家畜改セ
宮崎畜試
宮城畜試 酪農肉牛部 バイオテクノロジー研究チーム
高知畜試
山口畜試
秋田畜試
神奈川畜研
青森畜試
連絡先0229-72-3101 / bitech@anim-exp.pref.miyagi.jp / bitech@anim-exp.pref.miyagi.jp
区分(部会名)東北農業
背景・ねらい牛の過剰排卵処理開始時において、卵巣に大型の卵胞が存在すると、過剰排卵処理成績の悪いことが報告されている。そこで、過剰排卵処理前にEBを投与して卵巣から大型の卵胞を消去し、過剰排卵処理成績の改善を試みた。
成果の内容・特徴過剰排卵処理方法 51頭の供試牛を用い、発情周期に関係なくCIDRを挿入し(day0)、day10からpFSHを減量投与し、63日間隔の連続採卵を2回繰り返した(計4回、2と3回目の採卵間隔は夏期を避けるため63日以上不定)。1、4回目のday7にEB(ギナンドール、三共株式会社)を1mg投与して試験区、2、3回目は対照区とし、供試牛の半分はこれを反転して試験した。Day0、7,10,21に超音波診断装置により大型(直径10mm以上)、中型(直径6~9mm)及び小型(直径5mm以下)の卵胞数を計測した(図1)。
1.
EBを投与すると、過剰排卵処理開始時に大型の卵胞が平均0.8個から0.5個に減少する(表1)。
2.
EBを投与すると、採卵時に黄体数が平均10.5個から12.4個に増加する(表2)。
3.
EBを投与すると、回収される正常胚数がEB無投与時に3個以下の牛群では平均2.1個増加する(表3)。
成果の活用面・留意点1.
フィールドにおける牛の過剰排卵処理に利用できる。
2.
採卵成績が優良な牛においては効果は少ない。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分国庫・県単
研究期間2001~2003
研究担当者早坂駿哉、及川俊徳、菊地武、高田直和、石山治(青森畜試)、千田惣浩(秋田畜試)、田中嘉州(神奈川畜研)、三宅晃次(静岡畜試)、億正樹(奈良畜研)、田頭明子(山口畜試)、山崎慎一郎(高知畜試)、梅木英伸(大分畜試)、赤塚裕人(宮崎畜試)、的場理子(家畜改セ)
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat