アミロース含量が低いひえ系統のデンプン糊化特性

アミロース含量が低いひえ系統のデンプン糊化特性

タイトルアミロース含量が低いひえ系統のデンプン糊化特性
要約岩手県内の栽培ひえにアミロース含量の低い系統がある。この系統のデンプンは、ラピッド・ビスコ・アナライザー分析では他系統と比べてブレークダウンが大きく、コンシステンシーが小さい等糊化特性が異なるため、食味の改善や新たな加工品開発素材として有望である。
キーワードひえ、低アミロース、デンプン糊化特性
担当機関岩手農研 県北農業研究所 やませ利用研究室
連絡先0195-47-1074 / sat-hase@pref.iwate.jp / sat-hase@pref.iwate.jp
区分(部会名)東北農業
分類科学、参考
背景・ねらい近年、食への関心が高まり健康食材として「雑穀」が見直されている。
岩手県では、栽培特性や収量性に加え従来考慮されなかった外観や食味・内部成分等にも着目して雑穀を選抜することとしている。
新たな雑穀需要を創出するため、特徴ある特性を有するひえ系統を選定する。
成果の内容・特徴1.
アミロース含量
岩手県岩泉町安家地区で栽培されるひえ系統(現地で「もじゃっぺ」と呼称される)は、ヨード・ヨードカリ溶液の呈色が、岩手県内の主要系統(「達磨」及び「軽米在来(白)」)では青色を示すのに対して赤紫色を呈する(図1)。
また、アミロース含量は12.0%程度であり、「達磨」及び「軽米在来(白)」に比べて低い(図2)。
2.
デンプン糊化特性
アミロース含量が低い系統のデンプン糊化特性は以下のとおりである(図3)。
「達磨」及び「軽米在来(白)」と比較して、ラピッド・ビスコ・アナライザー測定での糊化開始温度及び最低粘度はほぼ同等である。最高粘度が高く、ブレークダウンは大きい。最終粘度及びコンシステンシーは小さい。
また、冷めても固くなりにくい特性を有する(図4)。
成果の活用面・留意点1.
食味の改善や新たな加工品開発の素材として有望である。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単・交付金
研究期間2002~2004
研究担当者勝田 真澄(作物研)、長谷川 聡
発表論文日本育種学会第103回講演会(発表予定)
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat