黒大豆エダマメ「ちゃげ丸」の収穫適期

黒大豆エダマメ「ちゃげ丸」の収穫適期

タイトル黒大豆エダマメ「ちゃげ丸」の収穫適期
要約黒大豆エダマメ「ちゃげ丸」は、莢の肥大がほぼ終了し、厚さ約9mmに達した頃に子実中の全糖及びショ糖含量が最も高くなり、この時期が収穫適期である。
キーワード黒大豆エダマメ、収穫適期
担当機関岩手農研 生産環境部 保鮮流通技術研究室
連絡先0197-68-4425 / yo-kodama@pref.iwate.jp / yo-kodama@pref.iwate.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい岩手県で育成した「ちゃげ丸」はエダマメ用黒大豆中生品種で、従来の黄大豆のエダマメと比べ食味が良く、差別化販売できる品種である。これまで黒大豆エダマメの収穫適期は、早生品種については普通のエダマメと同熟期、晩生品種については、莢色がやや黄化始めた頃が適期とされているが、「ちゃげ丸」のような8月下旬に収穫期となる中生品種については明らかにされていなかった。
そこで食味成分や莢の品質からみた収穫の適期を明らかにすることにより、県産エダマメの評価の向上を図る。
成果の内容・特徴1.
「ちゃげ丸」は同熟期の黄大豆のエダマメに比べ、子実中の全糖及びおいしさに最も寄与するショ糖糖が多く含まれ良食味である。(図1)
2.
「ちゃげ丸」は、莢の肥大がほぼ終了し、莢の厚さが平均で約9mm(8.5mm~9.5mm程度)になった頃に子実中の糖含量が最も多くなるので、この時期が収穫適期である(図2~3)。
3.
この時期は開花期からの積算温度が約900℃~1000℃となる時期で、平常年では開花期から38~42日頃、低温年では44~48日頃となる(図2~3)。
成果の活用面・留意点1.
莢の肥大が終了した頃になると「サヤムスメ」などの通常のエダマメ品種に比べ、莢色の黄化が早いので取り遅れないようにする。(図4)
予算区分県単
研究期間2001~2003
研究担当者菊地淑子
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat