軟X線照射を利用した夏秋咲き輪ギク品種「青バイオ1号」の育成

軟X線照射を利用した夏秋咲き輪ギク品種「青バイオ1号」の育成

タイトル軟X線照射を利用した夏秋咲き輪ギク品種「青バイオ1号」の育成
要約白色夏秋咲き輪ギク品種「精雲」の茎頂培養由来無菌植物体に軟X線照射により突然変異を誘発して、淡黄色の夏秋咲き輪ギク品種を育成した。
キーワードキク、軟X線、組織培養
担当機関青森農林総研 グリーンバイオセンター 細胞工学研究部
青森農林総研 フラワーセンター21あおもり 栽培開発部
連絡先017-728-1015 / shinji_kudo@ags.pref.aomori.jp / shinji_kudo@ags.pref.aomori.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、普及
背景・ねらい青森県内において主に栽培されている夏秋咲きの色物輪ギク品種は「スーパーイエロー」であるが、白色品種と比較するとボリュームに欠けるため、組織培養と軟X線照射を組み合わせた方法を用いて、青森の気候に適した、花形の良い、夏秋咲き色物品種を育成する。
成果の内容・特徴1.
育成経過
夏秋咲き輪ギク品種「精雲」の茎頂培養由来無菌植物体に軟X線を3KR照射してから節毎に一度切り分けて培養し、伸長してきた芽を切り取り、発根、順化後、ほ場に定植したものに、花色が黄色に枝変わりした株が出現した。挿し芽により変異の固定を行い、繰り返し形質の安定性を確認している。(表1)
2.
形態的特性
「精雲」と比較して、花色が淡黄緑色であること、葉の縦横比が大きいこと、舌状花数が少なく管状花が多いこと、花弁の幅が広いこと、花の周辺に向かうにつれて花色が淡くなるなどの特徴がある。(表2、図1)
成果の活用面・留意点1.
白色輪ギク品種「精雲」と比較して生育特性に大きな違いがないので、「精雲」と同様に同一ハウス内での栽培管理が可能である。(表3)
2.
病害虫防除は慣行通り実施する。
3.
この手法による突然変異誘発は、葉片培養、花弁培養などによる再分化を経ないため、多くの品種に適用可能であるとともに、短期間で大量に変異拡大処理が可能である。
予算区分県単
研究期間1997~2002
研究担当者工藤真治、田中功二
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat