軟X線照射を利用した10月咲き小ギク品種「青バイオ4号」の育成

軟X線照射を利用した10月咲き小ギク品種「青バイオ4号」の育成

タイトル軟X線照射を利用した10月咲き小ギク品種「青バイオ4号」の育成
要約10月咲き小ギク品種「芳香」の茎頂培養由来無菌植物体に軟X線照射により突然変異を誘発して小ギク品種「青バイオ4号」を育成した。
キーワードキク、軟X線、組織培養
担当機関青森農林総研 グリーンバイオセンター 細胞工学研究部
青森農林総研 フラワーセンター21あおもり 栽培開発部
連絡先017-728-1015 / shinji_kudo@ags.pref.aomori.jp / shinji_kudo@ags.pref.aomori.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、普及
背景・ねらい近年、青森県内において、小ギクの栽培が増加傾向にあるが、青森県の気候に適したパテントフリー品種は数少ない。そこで、組織培養と軟X線照射を組み合わせた方法を用いて、青森県の気候に適した、県オリジナル小ギク品種を育成する。
成果の内容・特徴1.
育成経過
10月咲き小ギク品種「芳香」の茎頂培養由来無菌植物体を節毎に切り分けて培養したものに軟X線を5KR照射してから再度切り分けて培養し、伸長してきた芽を切り取り、発根、順化後、ほ場に定植したものに、花弁がさじ弁に変異した株が出現した。挿し芽により変異の固定を行い、繰り返し形質の安定性を確認している。(表1)
2.
形態的特性
「芳香」と比較して、草丈が高いこと、葉の縦横比が大きいこと、葉柄長が長いこと、花房の形が平形であること、花弁の形がさじ弁であること、外花弁の反り方が平であること、内花弁の反り方が内曲であること、花たくの大きさが大きいこと、花首の長さが長いこと、2次側蕾発生程度が少ないこと、外花弁の表面の色が濃紫赤色であること、裏面の色が穏赤紫色であること等の特徴がある。(表2、図1)
成果の活用面・留意点1.
青バイオ4号の定植時期は6月下旬である。
2.
病害虫防除は慣行通り実施する。
3.
この手法による突然変異誘発は、葉片培養、花弁培養などによる再分化を経ないため、多くの品種に適用可能であるとともに、短期間で大量に変異拡大処理が可能である。
予算区分県単
研究期間1998~2002
研究担当者工藤真治、田中功二
発表論文工藤ら(2001)園学雑70(別1):289.
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat