復田時の水稲不耕起、無代かき移植栽培における育苗箱全量施肥量

復田時の水稲不耕起、無代かき移植栽培における育苗箱全量施肥量

タイトル復田時の水稲不耕起、無代かき移植栽培における育苗箱全量施肥量
要約田畑輪換体系の復田時における水稲不耕起、無代かき移植栽培は、復田1年目では水田連作時慣行施肥量の半量、復田2年目以降は慣行の全量を育苗箱全量施肥することで、復田時の代かき移植栽培と同等の窒素吸収量が得られ、倒伏も少なく、目標収量を確保できる。
キーワードイネ、不耕起、無代かき、育苗箱全量施肥、田畑輪換、復元田
担当機関秋田農試 生産環境部 環境調和担当
連絡先018-881-3330 / h-shindo@pref.akita.lg.jp / h-shindo@pref.akita.lg.jp
区分(部会名)共通基盤
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい水稲不耕起、無代かき移植栽培は、土壌の乾燥、酸化状態を維持、促進することから重粘土水田の田畑輪換利用において畑作物や水稲を安定生産でき、また、代かきを行わないため水田からの水質汚濁物質負荷を低減できる農法である。近年、水田の田畑輪換利用が求められているが、田畑輪換体系の復田時に水稲不耕起、無代かき移植栽培を導入した場合の水稲の肥培管理については、十分に検討されていない。
そこで、田畑輪換体系の復田時における育苗箱全量施肥による不耕起、無代かき移植栽培を導入した場合の水稲の窒素吸収特性及び収量を検討し、施肥指標を策定する。
成果の内容・特徴1.
復田1年目の未攪乱条件培養による作土の可給態窒素量は、攪乱条件培養に比べ低いことから、復田時の不耕起、無代かき移植では作土からの窒素供給量が、代かき移植と異なると考えられる(図1)。
2.
復田1年目の無肥料栽培による無代かき移植の水稲窒素吸収量は、代かき移植に比べ生育期間を通じて低く推移する。また、復田2年目以降の不耕起、無代かき移植では、復田年数とともに代かき移植に近づく(図2)。
3.
復田1年目の無代かき移植では0.25~0.5 kgN/a育苗箱全量施肥することで、無肥料栽培の代かき移植と同等以上の窒素吸収量が得られる(図3)。また、連作水田の育苗箱全量施肥による慣行施肥量の半量である 0.25 kgN/a施肥することで、倒伏も少なく、代かき移植と同等の収量が確保できる(図4)。
4.
復田2年目の不耕起、無代かき移植では、0.5 kgN/a育苗箱全量施肥することで、生育期間を通じて全層施肥0.5 kgN/aの代かき移植と同等以上の窒素吸収量が得られる(図3)。また、復田2年目以降では育苗箱全量施肥により0.5 kgN/a(慣行の全量)施肥することで、倒伏も少なく、目標収量(57kg/a)が確保できる(図4)。
成果の活用面・留意点1.
本試験における復田後の耕起、移植法は、a.代かき移植3年連続、b.無代かき移植3年連続、c.1年目無代かき移植+2年目以降不耕起移植の3体系である。また、復田前の転換畑作物は、スイートコーン2年、エダマメ2年及びキャベツ1年である。
2.
育苗箱全量施肥はシグモイド溶出型被覆尿素100日タイプを用い、リン酸及びカリは無施用である。また、育苗箱全量施肥による連作水田の慣行施肥量は0.5 kgN/aである。
3.
本試験は八郎潟干拓地内で行い、土壌は細粒質斑鉄型グライ低地土、強粘質である。また、水稲の品種は「あきたこまち」である。
4.
復田時に不耕起、無代かき移植を導入した場合、圃場減水深(漏水)が増加するので、畦はん周辺の代かきなどの漏水対策や水管理に留意する必要がある。
予算区分指定試験
研究期間1999~2003
研究担当者進藤勇人、村上章、原田久富美、太田健、小林ひとみ
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat