フラワーネット支持と穴あきフィルムによるハウスネギの軟白法

フラワーネット支持と穴あきフィルムによるハウスネギの軟白法

タイトルフラワーネット支持と穴あきフィルムによるハウスネギの軟白法
要約ハウスネギ栽培において、フラワーネットを利用した新たな軟白方法を開発した。従来の1条ごとにフィルム等で挟み込んでネギを軟白する方法に比べ、純利益及び収量が向上する。
キーワードハウスネギ、軟白、フラワーネット、穴あきフィルム
担当機関福島農試 いわき支場
連絡先0246-34-2348 / nousi.iwaki@pref.fukushima.jp / nousi.iwaki@pref.fukushima.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、普及
背景・ねらいハウスネギは、一般のネギとは異なり、柔らかく甘みがある高品質なネギとして注目されている。ハウスネギ栽培においては、特殊なフィルム等を使用してネギを1条ごとに挟み込む方法が一般的であるが、ここでは、フラワーネットで支持する簡易な軟白方法を新たに開発した。
成果の内容・特徴1.
フラワーネット支持によるハウスネギの栽培法は以下のとおりである。なお、本方法は福島県農業試験場いわき支場で開発した。
チェーンポットに播種し、ハウス内に機械定植する。活着したらフラワーネット及び穴あきフィルムを張る。以後、ネギの生育に応じてネットとフィルムを上げていき、高さ45cmになったら、ベッド側面をフィルムで遮光して軟白する(図1左、表1)。
従来の一条ごと軟白法は、マイカ線等で一条ずつネギを適宜誘引し、高さ45cmまで誘引したら一条ずつフィルムで挟み込んで遮光して軟白する(図1右、表1)。
2.
フラワーネット支持による軟白法は、従来の一条ごと軟白法よりも密植が可能になり、収量が多く、L規格もほぼ同じ量生産される(表2)。
3.
フラワーネット支持による軟白法(開発した方法・図1左)は、一条ごと軟白法(従来法・図1右)よりも純利益が高い(表3)。
成果の活用面・留意点1.
純利益確保のためには286.2円/kg以上の販売単価が必要である。なお、想定する経営体は、水稲100a、ハウスネギ4a、露地ネギ20a、その他野菜類(ブロッコリー等)10aとして計算した。
予算区分国庫・先端技術等地域実用化研究促進事業
研究期間2002~2003
研究担当者常盤秀夫、石井睦美、岡本和夫
発行年度2003
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat