肥育牛における筋肉内脂肪の融点及び脂肪酸組成の遺伝的パラメータ

肥育牛における筋肉内脂肪の融点及び脂肪酸組成の遺伝的パラメータ

タイトル肥育牛における筋肉内脂肪の融点及び脂肪酸組成の遺伝的パラメータ
要約山形県内で肥育された黒毛和種肥育牛1696頭の筋肉内脂肪の融点及び脂肪酸組成を分析し遺伝的パラメータを推定したところ、融点及び脂肪酸組成の遺伝率は0.473~0.615と比較的高いことから、脂肪の融点と脂肪酸組成の遺伝的改良は可能である。また、種雄牛の遺伝的能力も大きく異なる。
キーワード肉用牛、筋肉内脂肪、遺伝的パラメータ
担当機関山形県農研セ 畜産研究部 肉畜研究科
先進技術開発科
連絡先0233-23-8817 / shojinor@pref.yamagata,jp / shojinor@pref.yamagata,jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい牛肉のおいしさには脂肪の質が重要である。脂肪の質には脂肪融点や脂肪酸組成などが影響し、不飽和度が高いと融点が低くなり、融点が低いとおいしいと考えられている。そこで、脂肪融点や脂肪酸組成の遺伝的要因を把握するため、平成10年~14年度の枝肉共進会に出品された黒毛和種肥育牛1696頭を用いて、遺伝的パラメータ及び育種価を推定する。
成果の内容・特徴
  1. 筋肉内脂肪の融点及び脂肪酸組成の遺伝的パラメータを推定したところ、融点の遺伝率及びC18:2を除く脂肪酸組成の遺伝率は0.473~0.615と比較的高い値であったことから(表1)、脂肪の融点及び脂肪酸組成は遺伝的改良が可能である。
  2. 種雄牛により脂肪融点及び脂肪酸組成の遺伝的能力(育種価)が大きく異なる(表2)。
  3. 種雄牛の系統においても、融点及び主要脂肪酸の不飽和度US/S((C16:1+C18:1)/(C16:0+C18:0))の遺伝的能力の有意な差がみられる(表3)。
成果の活用面・留意点
  1. 種雄牛及び系統で、脂肪の融点及び脂肪酸組成の遺伝的能力は大きく異なるため、脂肪の質のよい牛肉を生産するための交配にあたり種雄牛の特徴を考慮する。
  2. 分析した産子の数が少ない種雄牛の育種価は今後変動する可能性がある。
具体的データ
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間1998~2003
研究担当者庄司則章、小林正人、阿部正博、井上慶一 (家畜改良センター)
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat