軟白栽培したウルイの収穫後の着色特性と着色防止法

軟白栽培したウルイの収穫後の着色特性と着色防止法

タイトル軟白栽培したウルイの収穫後の着色特性と着色防止法
要約収穫後の軟白栽培ウルイは、温度20℃照度1,000Luxの条件下で6~8時間後に軟白栽培の出荷基準を超える着色(緑化)となる。着色を防止するためには、収穫後の温度が10~25℃の範囲では、できるだけ低温にするほうがよい。
キーワードウルイ、着色、温度、照度
担当機関山形県農業研究研修センター 中山間地農業研究部 園芸研究科
連絡先0233-22-2201 / nogyose@pref.yamagata.jp / nogyose@pref.yamagata.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、普及
背景・ねらい近年、ウルイの生産は拡大傾向にあり、緑化栽培と軟白栽培で産地の確立が図られている。しかし、軟白栽培されたウルイは、収穫後に着色(緑化)し、販売時に商品価値が低下しやすい。
そこで、軟白栽培したウルイの収穫後の環境条件による着色(緑化)程度を明らかにして防止対策を検討する。
成果の内容・特徴
  1. 軟白栽培したウルイは、収穫後の温度条件が10℃~20℃の範囲(照度1,000Lux)では、温度が低いほど着色(緑化)が遅く、20℃と25℃の着色(緑化)に要する時間は同等である。(図1、図2)
  2. 20℃の温度条件(照度1,000Lux)では、収穫6~8時間後に軟白栽培の出荷基準を超える着色と
    なるが、10℃の温度条件では、収穫24時間経過後も出荷基準を超える着色に至らない。(図1、図2)
  3. したがって、収穫後の着色(緑化)を防止するためには、収穫後の温度条件が10℃~25℃の範囲ではできるだけ低い温度条件にする。
成果の活用面・留意点
  1. 本試験はインキュベーター内で行い、光源は白色蛍光灯である。
  2. 販売環境調査として地元3箇所の量販店調査したところ、販売店においての商品陳列場所
    の温度及び照度は、冷蔵棚で10.5~13.8℃ 1,000~2,200Lux、特設コーナーで約20℃約1,000Luxであったことから、特に、特設コーナーは着色しやすい環境条件にある。(表1)
  3. 収穫後速やかに当該技術を活用するとともに、箱内などへの暗所保存を併用する。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分県単
研究期間2002~2004
研究担当者石山久悦、高橋亨、大木淳
発行年度2004
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat