「青丸くん」の緑色を残した豆乳の製造条件

「青丸くん」の緑色を残した豆乳の製造条件

タイトル「青丸くん」の緑色を残した豆乳の製造条件
要約「青丸くん」を利用した緑色の豆乳を製造するためには、生しぼり豆乳は95度Cで15分間殺菌し、加熱しぼり豆乳は呉の加熱を95度Cで2分間、殺菌を75度Cで30分間あるいは85度Cで20分間とする。
キーワード緑色豆乳、「青丸くん」、加熱殺菌
担当機関岩手農研 生産環境部 保鮮流通技術研究室
連絡先0197-68-4425 / tse3622@pref.iwate.jp / tse3622@pref.iwate.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、普及
背景・ねらい大豆品種「青丸くん」は、子葉が緑色である特性を持っており、緑色豆乳の製造が進められているが、加熱による緑色の退色が起こりやすいため。実需者から改善技術の確立について求められていた。
そこで、生しぼり及び加熱しぼりそれぞれについて「青丸くん」の緑色を残し、退色を抑制する製造条件を確立した。
成果の内容・特徴
  1. 生しぼり豆乳と加熱しぼり豆乳それぞれにおいて、緑色を保ちかつ14日間日持ちする条件は次のとおりである(参考図)。
    1. 生しぼり:豆乳の殺菌条件は95度Cで15分間である(表1)。
    2. 加熱しぼり:呉の加熱条件は95度Cで2分間であり、豆乳の殺菌条件は75度Cで30分間あるいは85度Cで20分間である(表2、3)。
成果の活用面・留意点
  1. 緑色度はL***表色法のa*値により判定し、呉では-8以下、殺菌では-7以下を基準とした(参考表)。
  2. 生しぼり豆乳では、95度Cで15分間加熱すると粒径が小さい成分がほとんどであり、食味評価では味がうすい (図1)。
  3. 加熱しぼり豆乳では、呉を加熱後、95度Cで15分間で殺菌すると粒径の大きい成分が増え食味評価では口の中に違和感があることから、殺菌の適正な条件としては採用しない(図1)。
具体的データ
参考図
表1
表2
表3
図1
参考表
予算区分国庫・県単
研究期間2004~2006
研究担当者関村照吉
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat