DNA分析によるオウトウの品種識別

DNA分析によるオウトウの品種識別

タイトルDNA分析によるオウトウの品種識別
要約モモおよびオウトウ由来のDNAマーカー12種を使うことで、山形県内の作付け上位の主要品種および輸入オウトウなどを含む、85品種の品種識別が可能である。またDNA抽出は、抽出キットを用いることで、オウトウ果実の果肉および果梗より簡易に抽出できる。品種識別に要する時間は、DNA抽出・PCR・解析まで含めて、最短2日間である。
キーワードオウトウ、DNAマーカー、SSR、品種識別
担当機関山形農総研セ 農生技試 バイオ育種科
連絡先0237-84-4125 / takashinat@pref.yamagata.jp / takashinat@pref.yamagata.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、普及
背景・ねらい近年問題となっている品種偽装表示や種苗登録品種等の海外流出は、オウトウの産地に大きな影響をおよぼす問題である。そこで、産地保護および消費者に対する食の安全・安心のために、DNAマーカーを利用した果実1粒からでも品種識別できる方法を開発した。
成果の内容・特徴
  1. DNAの抽出には、DNeasy Plant Mini Kit(QIAGEN)を用いる。DNAマーカーには、モモおよびオウトウのSSR(Simple Sequence Repeat)を特異的に増幅する蛍光プライマーを用いる。またPCR産物の分離・検出には、DNAシーケンサー(ABI PRISM310等)を用いる。
  2. 当試験場保存のオウトウ品種および育成系統、計85種について、49マーカーの遺伝子型データを蓄積した。品種識別には、このうちの12マーカーを用いる。山形県の作付上位10品種および‘紅秀峰’の片親である‘天香錦’と輸入オウトウ主要品種である‘ビング’、‘レーニア’の12マーカーの遺伝子型を表1に示した。
  3. 品種識別は、DNA抽出から遺伝子型の判定まで、最短2日間で可能である(図1)。
  4. 未知の品種が偶然‘佐藤錦’と同じ遺伝子型を示す確率は、検討した85品種の遺伝子型頻度から計算すると、12マーカーが一致した場合は0.0000052%である。よって、12マーカーについて判定すれば、品種を特定できる。
  5. 対照品種1点+サンプル7点計8点について12マーカー(8×12=96)の解析を行うコストは、DNA抽出を含めて消耗品のみで約13,500円である。
成果の活用面・留意点
  1. この詳細は、農林水産省種苗登録ホームページ(http://www.hinsyu.maff.go.jp/)の参考資料9「DNA分析によるおうとうの品種識別」として掲載されている。
  2. モモ等のSSRマーカーの蛍光プライマーセットは、(独)果樹研究所より分譲された。
  3. 平成15年度成果情報「SSRマーカーによるオウトウの品種識別・親子判定」および「オウトウ、セイヨウナシ果実から抽出したDNAを用いた品種識別」を参照。
  4. 枝変わり品種については、識別できない。
  5. 品種識別に当たっては、形態的特徴も考慮する。
具体的データ
表1
図1
予算区分県単
研究期間2003~2005
研究担当者高品善、黒坂美穂、松田成美
発表論文高品ら(2005) 平成17年度果樹バイテク研究会抄録 36
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat