イチゴ夏秋どり栽培における自然換気型細霧冷房が果実生産に及ぼす影響

イチゴ夏秋どり栽培における自然換気型細霧冷房が果実生産に及ぼす影響

タイトルイチゴ夏秋どり栽培における自然換気型細霧冷房が果実生産に及ぼす影響
要約パイプハウスを利用したイチゴ夏秋どり栽培において、自然換気型細霧冷房によってハウス内気温を湿球温度付近まで低下させることが可能であり、商品果収量、平均果実重量が増加する。
キーワードイチゴ、夏秋どり、細霧冷房、パイプハウス
担当機関宮城農園研 園芸栽培部 野菜チーム
連絡先022-383-8132 / marc-kk@pref.miyagi.jp / marc-kk@pref.miyagi.jp
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい自然換気型細霧冷房は低コストな夏期高温期の昇温抑制技術として注目されており、一部の生産者に導入されている。しかし、導入事例、試験研究事例ともに少なく、また、それらの多くが鉄骨ハウスでの利用に関するものであり、パイプハウスでの利用を検討したものは少ない。そこで、パイプハウスを利用したイチゴ夏秋どり栽培における自然換気型細霧冷房の有効性を検証する。
成果の内容・特徴
  1. 室内気温が30度C以上となった場合に、20分間隔で90秒間細霧を噴霧する自然換気型細霧冷房によって、ハウス内の乾球温度を湿球温度付近まで低下させることが可能である(図1)。細霧冷房稼働中(8時~16時)の平均気温は1.4度C、最低気温を3.6度C低下する(表1)。
  2. 自然換気型細霧冷房によって、商品果収量が増加する(図2)。
  3. 自然換気型細霧冷房によって、商品果の平均果実重量が増加する(図3)。
成果の活用面・留意点
  1. 換気効率の高い施設(側面開放部の面積が大きいなど)で効果が高い。
  2. 葉面のぬれが長時間続かないように、噴霧時間を調節する。
  3. 使用した細霧ノズル型式はCER-08(サンノー製)。10a当たり200個設置の場合で56万円、その他に動力噴霧機と配管の資材が必要。
具体的データ
図1
表1
図2
図3
試験方法
予算区分県単
研究期間2004~2005
研究担当者岩崎泰永、漆山喜信
発行年度2005
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat