主要有色米品種と一般米品種との交雑個体の識別指標

主要有色米品種と一般米品種との交雑個体の識別指標

タイトル主要有色米品種と一般米品種との交雑個体の識別指標
要約有色米品種由来の交雑粒は玄米色では一般米と識別できないが、紫黒米品種「おくのむらさき」、「朝紫」由来の交雑F1個体は葉舌色及びふ先色、赤米品種「夕やけもち」由来の交雑個体はふ先色で一般米品種と識別できる。
キーワードイネ、有色米、混入、交雑、玄米色、葉舌色、ふ先色
担当機関(独)農業・食品産業技術総合研究機構 東北農業研究センター 低コスト稲育種研究東北サブチーム
連絡先0187-66-2773 / www-tohoku@naro.affrc.go.jp / www-tohoku@naro.affrc.go.jp
区分(部会名)東北農業
区分(部会名)作物
分類技術、参考
背景・ねらい近年、赤米、紫黒米等の有色米品種の普及とともに、一般米品種への混入が問題となっている。播種、収穫時等の人為的な混入、前年の漏生種子由来の個体の混入のほか、有色米品種の花粉が飛散して自然交雑が起こることが混入の原因となる。有色米が一般米へ混入すると検査等級が下がるため、効果的な混入防止方法が求められている。そこで、有色米品種と一般米品種との交雑粒及び交雑個体を識別する指標を明らかにし、これらを除去するための基礎的知見を得る。
成果の内容・特徴
  1. 有色米品種(紫黒米「おくのむらさき」、「朝紫」、赤米「紅衣」、「夕やけもち」)と一般米品種との交雑粒の玄米色は、母親の玄米色と同じになる(表1)。従って、一般米品種に有色米品種が自然交雑しても、交雑粒の玄米色では一般米と識別できない。
  2. 「おくのむらさき」、「朝紫」由来の交雑F1個体は、正逆交雑に関わらず葉舌色が淡紫色となり、一般米品種と識別ができる。葉舌色は葉齢が小さいときは鮮明ではないが、生育が進むにつれて濃くなる。「紅衣」、「夕やけもち」由来の交雑F1個体の葉舌色は一般米品種と変わらない(図1、表1)。
  3. 「おくのむらさき」、「朝紫」、「夕やけもち」由来の交雑F1個体は、正逆交雑に関わらずふ先色が紫色になり、一般米品種と識別ができる(図2、表1)。「紅衣」由来の交雑F1個体のふ先色は一般米品種と変わらない(表1)。
  4. 「ひとめぼれ」と「朝紫」、「夕やけもち」との交雑F1個体は、稈長、穂長、穂数だけでは「ひとめぼれ」と識別できない(表2)。
  5. 有色米品種由来の交雑F1個体に実ったF2種子の玄米色は、正逆交雑に関わらず親である有色米品種の玄米色と同じになる(表1)。
成果の活用面・留意点
  1. 「紅衣」由来の交雑F1個体は、葉舌色、ふ先色では一般米品種と識別できない。
  2. 有色米品種と一般米品種との交雑粒を除去することは難しいため、交雑の可能性があるところからは採種しないことが望ましい。
  3. 「おくのむらさき」由来の交雑粒が25.5m離れた距離で検出された事例がある
    (平成17年度研究成果情報http://www.naro.affrc.go.jp/top/seika/2005/tohoku/to05028.html)。
具体的データ
表1 有色米品種と一般米品種との交雑粒の玄米色、交雑F1個体の特徴及びF2種子の玄米色
図2 あきたこまち/朝紫のF1個体のふ先(紫色)
表2 有色米品種と一般米品種との交雑F1個体の生育特性
予算区分加工業務用4系
研究期間2003~2006
研究担当者遠藤貴司、山口誠之、中込弘二、片岡知守
発表論文山口ら(2005)日作東北支部報48:11-12
発行年度2006
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat