しもふりレッド母豚の夏季育成率向上技術

しもふりレッド母豚の夏季育成率向上技術

タイトルしもふりレッド母豚の夏季育成率向上技術
要約系統豚「しもふりレッド」の夏季育成率は、子豚の栄養条件改善と圧死防止措置、および母豚へのシルクアミノ酸の飼料添加によって向上する。
キーワードしもふりレッド、育成率
担当機関宮城畜試 種豚家きん部 養豚チーム
連絡先0229-72-3101
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい宮城県では平成14年度に完成したデュロック種系系統豚「しもふりレッド」の普及を進めている。しかし、雄系であるしもふりレッドは雌系のランドレースや交雑種のLWに比べ、泌乳量が少ないなど哺育能力が低く、特に7月から9月の夏季暑熱時に育成率低下が起こり易い。そこで、これまでの飼養管理方法の見直しを行うとともに、母豚への飼料添加を行い育成率向上を目指す。
成果の内容・特徴
  1. 分娩から離乳までの飼養管理として、①分娩介助、②代用乳の利用、③新生子豚への鉄剤に加えてビタミン剤の補給、④授乳期間を4週齢から3週齢に短縮、⑤分娩柵を離乳まで設置すること等により、子豚の圧死や衰弱死が著しく減少し育成率が50.0 %から71.6 %に大幅に向上する(表1)。
  2. 飼養管理見直し後の夏季妊娠母豚にシルクアミノ酸を0.5 %飼料に添加すると、育成率が対照区の71.3 %に比べ飼料添加区で93.4 %とさらに向上する(表2)。
成果の活用面・留意点
  1. 本成果は、系統豚「しもふりレッド」の飼養管理およびマニュアルに活用する。
  2. 夏季に育成率が低下する母豚の飼養管理に利用可能。
  3. 泌乳を考慮してアミノ酸製品のシルクアミノ酸を用いたが、畜産用の汎用製品ではなくコストもかかるので、他のアミノ酸製品での検討も必要。
具体的データ
表1
表2
予算区分県単
研究期間2006~2007
研究担当者清水ゆう子、吉野淳良 
発行年度2007
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat