品種と作期の組合せによる飼料用稲収穫期間の拡大

品種と作期の組合せによる飼料用稲収穫期間の拡大

タイトル品種と作期の組合せによる飼料用稲収穫期間の拡大
要約熟期の異なる飼料用稲専用品種「ホシアオバ」、「夢あおば」を用い、移植時期の組合せや乾田直播を加えることにより、収量を維持しながら、適期に収穫できる期間を45日程度まで拡大できる。
キーワード飼料用稲、飼料用稲専用品種、収穫期間、ホシアオバ、夢あおば
担当機関宮城古川農試 水田輪作プロチーム
連絡先0229-26-5106
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい飼料用稲の生産現場では、各地でコントラクターや大規模集団による収穫が行われているが、作業面積増大に伴い、遅刈り等の時期を逸脱した収穫が行われている。良質サイレージを生産するには、適期に収穫することが重要である。そこで、熟期の異なる飼料用稲専用品種を用いた作期の組合せによる収穫期間の拡大や収量性を検討した。
成果の内容・特徴
  1. 「ホシアオバ(極晩生)」・「夢あおば(中生)」を用い、移植・乾田直播栽培を組み合わせることにより、収穫時期が分散し、収穫期間も9月上旬から10 月中旬までの約45日程度に拡大できる。(図1)
  2. 「ホシアオバ」「夢あおば」は4月下旬から6月上旬まで移植可能であり、それぞれ170kg/a、150kg/a程度の地上部乾物収量が得られる。(図1、図2、表1)
  3. 乾田直播栽培では、5月中旬播種において、「ホシアオバ」で約150kg/a、「夢あおば」で120kg/a程度の地上部乾物収量が得られる。(表1)
成果の活用面・留意点
  1. 各経営体に合った収穫時期の選択やコントラクターによるリレー収穫が可能となる。
  2. 慣行牧草収穫機を使った予乾体系との組合せが可能な条件では、さらなる収穫期間拡大が可能となる。
  3. 移植の結果は、乳苗を使用したものである。なお、慣行稚苗栽培と比較すると、出穂期は2~3日程度遅く、黄熟期は同程度である。
  4. 本体系の適用地帯は東北南部平坦地である。
  5. 「ホシアオバ」(極晩性)作付においては、熟期と水利条件への配慮が必要であり、収量低下を及ぼすような早期落水は避ける。
具体的データ
図1
表1
図2
予算区分委託プロ(地域総合研究2004年~2005年) 委託プロ(えさプロ2006年~2010年)
研究期間2004~2006
研究担当者辻本淳一、星信幸、瀧典明、高橋智恵子 
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat