積雪地帯におけるホウレンソウの露地秋播き春どり栽培法

積雪地帯におけるホウレンソウの露地秋播き春どり栽培法

タイトル積雪地帯におけるホウレンソウの露地秋播き春どり栽培法
要約ホウレンソウ露地栽培で、4月に良品を安定生産するには、前年の10月20日頃に播種し、融雪後の3月中旬に追肥、3月下旬にトンネルを被覆する。この作型に適する品種は「サンピア」である。
キーワードホウレンソウ、品種「サンピア」、露地秋播き春どり、追肥、トンネル
担当機関山形農総研セ 農生産技試 野菜花き研究科
連絡先0237-84-4125
区分(部会名)東北農業
分類技術、参考
背景・ねらい4月の山形県内市場でのホウレンソウは、単価が比較的高い場合が多いが、県外産の比率が高く、県内の生産が望まれている。そこで、晩秋から春まで耕作されることの少ない露地圃場を用いて、4月に収穫する作型を開発する。
成果の内容・特徴
  1. この作型に適した品種は「サンピア」である(表1)。
    「サンピア」は、抽苔や葉先枯れが少なく良品収量が多い。
  2. 4月に良品を安定生産するためには、前年の10月20日頃に播種する(表2)。
  3. 根雪までに、葉数が10枚を超えると、抽苔や葉先枯れ等の障害が発生する可能性が高くなる。根雪前の葉数は5枚程度が適正である(表2)。
  4. 3月下旬にトンネル被覆することにより、平均収穫日は約10日早まり、葉先枯れや土付き株の発生が減少し品質、良品収量が向上する(表3)。
  5. 融雪後に、窒素成分で2.5kg~5kg/10aを追肥することで、収穫期が前進し、良品収量が向上する(表2)。
  6. 停滞水位が低い排水の良好な圃場ほど、生存株率や、収穫期の地上部重が増加する(表4)。
成果の活用面・留意点
  1. この作型の適応地域は、例年3月中旬までに融雪する地帯を目安とする。また、秋や春の気象条件により、収穫時期や品質は変動する。特に、融雪が遅く収穫時期が遅れた場合は、抽苔率が高まる可能性があるので注意する。
  2. 追肥時は、肥料焼けを起こすことがあるので注意する。
  3. トンネル被覆は、終日片側を10cm程度開放する。
具体的データ
表1
表2
表3
表4・耕種概要
予算区分受託
研究期間2005~2007
研究担当者中西政則、齋藤克哉 
発行年度2008
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat