ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ摂食阻害物質

ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ摂食阻害物質

タイトルハルザキヤマガラシに含まれるコナガ摂食阻害物質
要約コナガ抵抗性のアブラナ科帰化植物ハルザキヤマガラシに含まれるコナガ摂食阻害物質は、ヘデラゲニンの3位にセロビオースが結合したサポニンである。
キーワードコナガ、ハルザキヤマガラシ、アブラナ科、摂食阻害物質、耐虫性、サポニン
担当機関(独)農業技術研究機構 花き研究所
長野県野菜花き試
福岡大学
(独)農業技術研究機構 野菜茶業研究所 葉根菜研究部 虫害研究室
連絡先059-268-4643
区分(部会名)野菜茶業
分類科学、普及
背景・ねらいコナガは多くのアブラナ科作物を加害する重要害虫であるが、ヨーロッパ原産のアブラナ科帰化雑草、ハルザキヤマガラシには例外的に寄生しない。そこでハルザキヤマガラシのコナガ抵抗性機構を明らかにし、コナガ抵抗性アブラナ科作物育成のための基礎データを得る。
成果の内容・特徴1.
ハルザキヤマガラシ葉からコナガ幼虫摂食阻害物質を単離し、その構造を決定した。
2.
本物質は、ヘデラゲニンの3位にセロビオースが結合したサポニンである(図1)。本物質は、これまでにヤツデの果実からのみ単離されている。アブラナ科植物由来のサポニンはたいへん稀である。
3.
本物質をキャベツ葉片(直径19 mm、約100 mg)に50 mg以上塗って与えると、コナガ3齢幼虫の摂食は強く阻害される(図2)。
4.
本物質をキャベツ葉片に50 mg以上塗って与えると、コナガ1齢幼虫は1日後に100%死亡する(図3)。
5.
本物質はハルザキヤマガラシ葉中にコナガ幼虫の摂食を阻害するのに十分な量(新鮮重1g当たり約1 mg)含まれていることから、本物質がハルザキヤマガラシの示すコナガ抵抗性の主要因と考えられる。
成果の活用面・留意点1.
ハルザキヤマガラシは原産地では野菜・薬草として利用されていることから本物質の人畜毒性は低いものと考えられる。
2.
本物質を利用したコナガ忌避剤の開発や、本サポニンを付与したコナガ抵抗性アブラナ科作物の作出が期待される。
具体的データ
図表
図表
予算区分交付金
研究期間2000~2001
研究担当者岡部光、河合章、芹沢啓明、腰岡政二、篠田徹郎、中山真義、長尾常敦
発表論文2) Serizawa et al. (2001) Appl. Entomol. Zool. 36:465-470.
3) Shinoda et al. (2002) J. Chem. Ecol. 28:587-599.
特許出願(公開)1) 芹沢ら (2000) 害虫防除剤及び害虫抵抗性植物.特願2000-358883.
発行年度2001
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat