「塩締め処理」によるキャベツセル成型苗の徒長抑制・耐干性付与

「塩締め処理」によるキャベツセル成型苗の徒長抑制・耐干性付与

タイトル「塩締め処理」によるキャベツセル成型苗の徒長抑制・耐干性付与
要約セル成型育苗における育苗後期(定植前の5日間)に0.3%のNaClを添加した低濃度液肥を底面給水する「塩締め処理」により、苗の徒長が抑制され、乾燥に強い苗になる。
キーワードキャベツ、セル成型苗、育苗、NaCl、徒長、順化、耐干性
担当機関(独)農業技術研究機構 野菜茶業研究所 葉根菜研究部 作型開発研究室
連絡先0592-68-4631 / tfuji@affrc.go.jp,sakugata@ml.affrc.go.jp / tfuji@affrc.go.jp,sakugata@ml.affrc.go.jp
区分(部会名)野菜茶業
分類技術、普及
背景・ねらい全自動移植機の普及に伴い露地葉菜類でのセル成型苗の利用が普及した。しかし、苗が徒長すると移植機の性能を十分に発揮できないことや、育苗環境と圃場環境が異なるために植え傷みが生じるなどの問題が生じている。
そこで、育苗後期のキャベツセル成型苗にNaClを施用することによる徒長抑制・順化技術を開発する。
成果の内容・特徴1.
定植前の5日間、NaClを0.3%添加した園試処方培養液の1/5濃度液を1日1回底面給水する「塩締め処理」は、根鉢(培養土及び根)の浸透圧を高め、苗地上部に適度な水ストレスを付与し、苗の乾燥条件に対する適応性を高める(図1)。
2.
「塩締め処理」は定植時の苗の徒長を抑制する(表2)。定植後に若干の生育抑制(葉面積増大抑制)が見られるが、定植後数日で解消され(表1)、有意な収量低下は認められない(表2)。
3.
「塩締め処理」2日目以降、光合成速度が約10%低下するが、蒸散速度は約45%低下するため、水利用効率(光合成速度÷蒸散速度)は約2倍となる(図2)。
4.
「塩締め処理」は葉表面のワックスの生成を促進し(表2)、蒸散量を低下させる。
成果の活用面・留意点1.
「塩締め処理」は根鉢の形成を抑制する効果があることから、根鉢形成を確認してから処理を開始する必要がある。
具体的データ
図表
図表
図表
図表
予算区分交付金
研究期間1998~2001
研究担当者岡田邦彦、吉岡 宏、佐藤文生、藤原隆広
発表論文1)藤原ら(2002)園学雑71(6) :796-804.
2)藤原ら(2002)園学研1(3) :169-173.
3)藤原ら(2003)園学研2(1) :15-20
発行年度2002
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat