乾物生産からみた大豆の収量評価

乾物生産からみた大豆の収量評価

タイトル乾物生産からみた大豆の収量評価
担当機関東北農業試験場 地域基盤研究部 生理生態研究室
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1983年から1986年にかけて盛岡において収穫した圃場試験のデータを整理し、
    開花期の乾物重、開花期から子実肥大始期までのCGR、子実肥大始期から盛期
    までのCGR及び開花期から子実肥大始期までの茎への乾物分配率を説明変数
    とする重回帰式により収量の変動を表わした。その結果、品種によって
    式に取り込まれる変数は異なり、早生種では、開花期から子実肥大始期までの
    乾物生産が、中晩生種では、開花期までの乾物生産が最も重要であることが
    明らかとなった。
    表1. 収量評価式と寄与率
  2. 技術・情報の適用効果
    寒冷地における多収大豆の理想生育型としては、従来開花期までの乾物生産の確保を
    重視してきたが、本情報は、品種別に、より詳細に理想生産型を追及する手がかりを
    与えるものである。
  3. 適用の範囲
    寒冷地栽培大豆一般。
  4. 普及指導上の留意点
    特になし

具体的データ
表1. 収量評価式と寄与率
予算区分別枠(情報処理)
研究期間1987~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat