大豆畑の雑草発生害の評価と予測

大豆畑の雑草発生害の評価と予測

タイトル大豆畑の雑草発生害の評価と予測
担当機関東北農業試験場 農村計画部 情報処理研究室
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    大豆は、栽植密度が疎な夏作物であるため、生育の全期にわたって雑草発生が
    起こり、雑草害も大きくなり易い作物である。このため多くの雑草防除に関する
    研究が行なわれ、除草必要期間等の雑草防除の基準が求められてきた。
    本情報は、これら既往の成果を踏まえながら、さらに除草必要期間内に発生した
    雑草の影響を明かにするとともに、大豆の雑草害は大豆開花期の残存雑草量を
    知ることで予測可能であることを明かにした
    (図1、図2、
    図3)。
    1. 雑草による大豆の減収量率(%,Y)は、大豆開花期の対雑草群落比(風乾物比,X)との
      間に、Y=EXP(4.56965-0.0216595*X) の関係が認められる。
    2. 大豆開花期の雑草群落比(X)と雑草発生時期(大豆出芽期雑草発生始期までの日数,D)
      との間には、X≦94.42-2.293*D の関係が認められる。
    3. 雑草による大豆の減収量率(%,Y)と雑草発生始期までの日数(D)との間には、
      Y≧f(D)=EXP(2.5245+0.04967D) の関係が認められる。
      なお、Y=f(D)は雑草発生始期がD日の際の「減収限界曲線」である。
  2. 技術・情報の適用効果
    大豆畑の除草必要期間は、これまで、東北地域(盛岡)では35日間前後と知られて
    いた。その期間以降に発生した雑草は作物に害を及ぼすことは少ないが、それ以前の
    発生雑草は大豆に減収をもたらすため、防除が必要だとされた。しかし、除草必要
    期間内に発生した雑草の影響程度は明らかでなかった。本情報は除草必要期間内に
    発生した雑草についても、定量的に減収量率を評価できるようにするとともに、
    雑草害は大豆開花期の雑草量で予測できることを明らかにした。これらの情報は
    実験式で表わされたため、今後進むであろう栽培管理のコンピューター化に役立つ
    知識として活用できる。
  3. 適用の範囲
    1. 標準栽培法の大豆一般
    2. 対象雑草:メヒシバ、ヒメイヌビエ、オオイヌタデ等の一般畑雑草
    3. 雑草発生本数は、総発生本数概ね100本/平方メートル以内の場合
  4. 普及指導上の留意点
    特にない。

具体的データ
図1
図2
図3
予算区分経常研究、別枠「情報処理」
研究期間1985~1989
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat