被覆燐硝安加里を利用した水稲育苗の省力施肥技術

被覆燐硝安加里を利用した水稲育苗の省力施肥技術

タイトル被覆燐硝安加里を利用した水稲育苗の省力施肥技術
担当機関山形県立農業試験場 化学部
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    1. 燐硝安加里コーティング型緩効性肥料を床土混和することにより、育苗期間の追肥を
      省略し、苗質は慣行追肥育苗と同等の健苗が得られる。
    2. 施用する緩効性肥料
      水稲育苗用「ロング L-100」(100日タイプ,肥料成分:窒素-燐酸-加里=14-12-14%)
    3. 使用量および使用方法
      • 中苗:
        育苗箱一箱当たり、速効性肥料(育苗専用肥料10-10-10)を窒素成分で1g(製品で10g)、
        水稲育苗用「ロング L-100」を窒素成分で10g(製品で71.4g)を育苗床土に均一に
        混和する。
      • 稚苗:
        速効性肥料(育苗専用肥料10-10-10)の使用量は中苗と同じ。水稲育苗用
        「ロング L-100」を窒素成分で7g(製品で50g)を育苗床土に均一に混和する。
    4. 緩効性肥量は育苗全期間にわたって肥効が持続し、苗の窒素濃度は普通化成肥料追肥
      に比べて高く、窒素吸収量は育苗中期以降は普通化成追肥に比べて優り、育苗終了時
      では上回る。
    5. 中苗では、速効性窒素1.0g+ロング窒素10g施用で普通化成追肥育苗法に優る良苗を
      得ることができる。
    表1. 中苗播種後35日の苗生育
    表2. 稚苗移植時の苗生育
  2. 技術・情報の適用効果
    育苗期間の追肥労力が削減できる。
  3. 適用の範囲
    県下一円
  4. 普及指導上の留意点
    1. 本技術は育苗床土が水田土で、ビニールハウス育苗において検討したものであり、
      その他の育苗法には適用しない。
    2. 育苗後半は草丈が普通化成追肥育苗よりも伸び易いので、温度管理と灌水には
      出芽後から十分注意し、育苗期後半は高温、多湿にならないように管理し、徒長防止に
      つとめる。
    3. 床土pHの適正化(施肥後pH4.5~5.5)に留意する。

具体的データ
表1. 中苗播種後35日の苗生育
表2. 稚苗移植時の苗生育
予算区分県単
研究期間1988~1990
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat