やませ地帯におけるダイズわい化病の感染時期

やませ地帯におけるダイズわい化病の感染時期

タイトルやませ地帯におけるダイズわい化病の感染時期
担当機関病害生態研究室 病害発生予察研究室
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    ダイズわい化病の感染は5月下旬から認められ、とくに6月下旬から7月中旬にかけて
    感染株率が激増したが、8月以降の感染はほとんど認められなかった。一方、
    ダイズにおけるジャガイモヒゲナガアブラムシ(媒介虫)の生息数は有翅虫が
    6月下旬から7月上旬、無翅虫が7月上旬~7月中旬に極めて多く、8月以降は観察
    されなかった。以上のことから、6~7月の媒介虫の急激な増殖により本病が高率に
    媒介され、わい化病が激発することを明らかにした
    (表1)。
  2. 技術・情報の適用効果
    播種時の殺虫剤土壌施用等により7月までのジャガイモヒゲナガアブラムシ防除の
    徹底が重要である。
  3. 適用の範囲
    東北北部太平洋沿岸地域のダイズ栽培地帯。
  4. 普及指導上の留意点
    冷涼な気象条件が続く場合には媒介虫の発生が8月以降も継続する可能性があり、
    注意が必要である。

具体的データ
表1
予算区分経常
研究期間1989~1991
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat