乾草等の補給放牧による肥育素牛の増体量確保技術

乾草等の補給放牧による肥育素牛の増体量確保技術

タイトル乾草等の補給放牧による肥育素牛の増体量確保技術
担当機関福島県畜産試験場 沼尻支場
区分(部会名)畜産
区分(部会名)東北農業
成果の内容・特徴
  1. 技術・情報の内容及び特徴
    放牧育成は、牧草の季節生産性の不均衡等により、放牧中の発育停滞が懸念される
    ため、放牧草の不足する夏-秋期に補助飼料として乾草あるいは梱包グラスサイレージ
    を給与することにより、放牧中の増体量を確保する。
  2. 技術・情報の適用効果
    1. 乾物摂取量は、補助飼料無給与区において6月及び秋口に落ち込みが認められたが、
      補給により落ち込みが押さえられた(図1)。
      また、補助飼料として乾草とサイレージ補給の比較をしたところ、乾物摂取量は
      乾草区2.3%(BW比)に対しサイレージ区2.9%とサイレージ区のほうが多い結果
      となった(表1)。
    2. 供試牛の増体は補助飼料無給与に比べ、給与区で良好となった。
      また、補助飼料として乾草・梱包グラスサイレージを用いたところ、乾草区DG
      0.50に対し、サイレージ区0.57とサイレージ区が良好であった
      (表2)。
  3. 適用の範囲
  4. 普及指導上の留意点
    1. 草生及び放牧区の状況に応じた、補助飼料の給与期間及び給与量を検討する
      必要がある。
    2. 補助飼料として梱包グラスサイレージを用いる場合、発酵品質により摂取量が
      異なるため、プロピオン酸アンモニウム等の添加が必要と思われる。

具体的データ
図1
表1
表2
予算区分地域プロ
研究期間1986~1988
発行年度1989
収録データベース研究成果情報

研究成果情報アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat